シンガポール競争法違反による制裁金の支払い命令について

当社の子会社であるNSKシンガポール社は、平成25年2月に、シンガポール競争法違反の疑いがあるとして、同国競争法委員会による立入検査を受け、以降、当社及びNSKシンガポール社は、同委員会による調査に全面的に協力してまいりました。27日付にて、当社及びNSKシンガポール社は、シンガポールでの軸受の取引の一部に関して、同国競争法に違反する行為を行ったとして、同委員会から1,286,375シンガポールドル(約1億円)の制裁金の支払いを命じられました。

株主の皆様、お客様をはじめ、関係者の皆様には多大なご心配をおかけすることになり、深くお詫び申し上げます。当社及び当社グループといたしましては、このような事態になりましたことについて、厳粛に受け止め、外部専門家等の指導を仰ぎながら、一層の法令遵守の徹底に努めるとともに、皆様からの信頼の回復に向け全力を傾注してまいります。

なお、上記制裁金の支払い命令が当社の経営成績等に与える影響は軽微であります。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。