「メガトルクモータ™ PBシリーズ」を開発

~電子機器製造産業向けに拡販~

大型ギヤボックス用「長寿命大形ころ軸受」

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、生産設備向けに広くご好評を頂いている、メガトルクモータ™に(ダイレクトドライブモータ:通称DDモータ)、新たに「PBシリーズ」をラインアップします。本製品は、国内および中国、台湾、韓国などでニーズの高い、電子部品などの搬送・検査装置や組み立て装置用途向けとして、従来品に対し機能を特化することにより、DDモータの適用範囲を拡大し、スループット*(生産性)と信頼性の向上に貢献します。
NSKは2014年5月から本製品の販売を開始し、本シリーズの売上として2015年に9億円を目指します。
*単位時間当たりの処理量。

【開発の背景】

スマートフォンやタブレット端末の需要拡大に牽引され、日本及び中国、台湾、韓国など東アジアでは、電子部品の急速な生産拡大が続いております。このような急激な需要拡大に対応するため、設備拡充が行なわれております。また、新興国では従業員が設備の操作に慣れていないケースも多いため、使い易さ・メンテナンスの手間削減・限られたスペースに設置可能なコンパクトさが求められています。これらの新たな市場ニーズにお応えするため、NSKは「メガトルクモータ™ PBシリーズ」をラインアップします。
NSKは、2014年5月8日(木)~11日(日)まで、台北の世界貿易センター南港館にて開催される「台北国際製造技術見本市MT-duo展」に本製品を出展し、新興国市場のニーズを開拓します。この他、日本国内においては、2014年5月15日(木)~17日(土)まで、「MEX金沢展2014」に出展し、日系企業の新興国でのビジネスでお役に立ちます。

【製品の特長】

1. 使い易さ
オートチューニングの機能アップにより初期設定が簡便となり、装置の早期立ち上げが可能です。また、専用セットアップソフトウェアの充実で使い易さがさらに向上しています。
2. コンパクト
従来品と比べて、モータで12%、ドライバで47%のコンパクト化を実現しました。

【主な用途例と効果】

用途 効果
  • 電子部品製造工程の供給・検査・選別装置
  • スマートフォン組立て装置
  • 試薬・検体分析装置
  • 回転および搬送機構のコンパクト化
  • 設備立上げ時間短縮
  • 検査精度の向上、選別率改善
  • スループットの向上
  • ライン稼働率の向上

NSKは、メガトルクモータ™を世界初のダイレクトドライブモータとして1985年から量産を開始し、欧米・日本での高精度な半導体・液晶製造装置などの技術革新と共に進化を続けてきました。近年、LEDなど電子部品の製造が中国、台湾、韓国にて盛んになっており、多数のメガトルクモータ™をご採用頂いております。
これら電子部品製造の一大集積地となりつつある東アジア地域および国内におけるマーケティング活動を強化し、お客様の声を商品企画にフィードバックさせてきました。これからも、市場のニーズに対応し、メガトルクモータ™の拡大をグローバルに進めてまいります。

メガトルクモータ(TM) PS/PNシリーズとPBシリーズの市場
製品の概要

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。