ワルシャワ駐在員事務所長 神原勝行がポーランド功労勲章コマンドール十字型章を受章

~30年間にわたってポーランドと日本の交流に貢献~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)のワルシャワ駐在員事務所長の神原勝行は、ポーランドと日本の相互理解促進への多大な貢献が認められ、ポーランド政府より功労勲章コマンドール十字型章(Commander's Cross of the Order of Merit of the Republic of Poland)を授与されました。

ピエホチンスキ副首相(右)と神原(左)

授章式は4月2日に、ワルシャワ市内のポーランド経済産業省にて行われ、ピエホチンスキ副首相より同章が授与されました。授章式には、ポーランド経済産業省のクリック副大臣、ポーランド経済団体連合会のボフニャシュ会長、山中在ポーランド日本国全権大使ほか多数の方にご臨席頂き、NSKからも欧州事業の主要なメンバーが参加いたしました。
功労勲章コマンドール十字型章は、経済分野の民間人に授与されるポーランドで最高位の勲章です。
神原の受賞は、30年以上にわたるポーランドでの営業活動を通じて、ポーランドと日本の経済交流、地域発展に貢献してきたことが評価されたものです。授章式で、神原はポーランド語で「今回、このような晴れがましい勲章を受けることができたのも、NSKという会社の一員として働くことができたからで、私に対してというより、NSKに働く皆様に対してのものを、たまたま当地に長く居るということで私に授与されたものと思っています。また、この栄えある受賞は、ポーランドの方々に支えられてこそ成し得られたものです。」と挨拶を述べました。

■ポーランド共和国功労勲章コマンドール十字勲章
(Commander's Cross of the Order of Merit of the Republic of Poland)

1974年に制定された、経済、科学、文化、福祉など多岐にわたる分野において、ポーランドの繁栄に貢献した外国人に対して贈られる五等級の勲章のうち三等級にあたるもので、経済関係の民間人に授与される最高位の勲章。
NSKでは過去には、ポーランド事業に関わってきた名誉顧問の関谷が受章しております。
NSKのポーランド事業においては、上記受章の他、NSKベアリング・ポーランド社(キルチェ工場)がポーランドの独立自主管理労働組合「連帯」の推薦により従業員に優しい会社として、「Employer Friendly to their Employees」賞を受賞し、2014年4月15日にポーランドのコモロフスキ大統領から賞状が手渡されました。

■NSKのポーランドでの活動

1973年 国営企業イスクラ社に生産設備を輸出。
* イスクラ社は1959年よりポーランドのキルチェ市でベアリングの生産を開始していた。
1984年 ワルシャワ市に駐在員事務所を設立。
1998年 イスクラ社を買収し、100%子会社化。現在はNSKベアリング・ポーランド社(キルチェ工場)として稼動。
2000年 ポーランドのヴァウブジフ市にステアリング製品製造会社、NSKステアリングシステムズ・ポーランド社を設立。
2000年 ワルシャワ市に販売会社、NSKポーランド社を設立。
2004年 キルチェ市に軸受製造会社、NSKニードルベアリング・ポーランド社を設立。

現在、NSKはポーランドにおいて、品質、コスト競争力、納期対応、顧客サービスに優れた事業を展開し、欧州事業の成長を牽引しております。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。