「人とくるまのテクノロジー展 2014 名古屋」に出展

~クルマの環境と安全に貢献する技術や製品を幅広く展示~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、2014年12月11日(木)~12月12日(金)にポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で 開催される「人とくるまのテクノロジー展 2014 名古屋」において、未来のクルマ社会を目指し「環境・安全の向上に貢献するNSKの自動車技術」をテーマに、最先端の技術や製品を幅広く展示します。

モジュール対応EPS、高信頼性シール付きハブユニット軸受

環境性能向上に貢献する製品・技術の展示

「高信頼性シール付きハブユニット軸受」を展示します。庇シールの泥水浸入防止機能をAR技術*を活用してご紹介します。本製品は、シール性向上により、ハブユニット軸受の耐久性を高め、製造段階から使用、廃却に至る製品ライフサイクル全体で環境負荷を低減する製品・技術です。
>> プレスリリース:「高信頼性シール付きハブユニット軸受」を開発 また、「高信頼性クラッチプーリー」、「高効率シェルニードル軸受」など、内燃機関や多段オートマチックトランスミッションやCVT(無段変速機)の効率向上に貢献する製品・技術に加え、「高速モータ用グリース潤滑玉軸受」や「オイルポンプ駆動用ワンウェイクラッチ」などHEVやEVの効率向上に貢献する製品・技術も展示します。
*:バーチャルリアリティ(VR)の変種。iPad等のモバイル端末を通じて、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加、強調などして、人間から見た現実世界を拡張するもの、人間から見た現実世界を拡張するもの

安全性能向上に貢献する製品・技術の展示

グローバルに生産される車種において、各地域で要求される様々なニーズに対して幅広く対応可能であると同時に、大幅なコストアップなしに軽量化と安全性向上を実現する「モジュール化対応高機能電動パワーステアリング(EPS)」を展示します。
>> プレスリリース:「モジュール化対応高機能電動パワーステアリング」を開発 また、モータとECU、ギアボックスなどのメカニクス機構の統合に加え、ECU自体の小型で軽量かつ搭載性を向上させた「機電一体型コラムEPS(開発品)」も展示します。

環境性能と安全性能双方の向上に貢献する製品・技術

車輪のハブ(中央)部分に小型・軽量な駆動モータを内蔵した「ホイールハブモータ」を展示します。タイヤを直接駆動することで、走行性能が大幅に効率化され、環境性能を向上します。また、各タイヤの駆動力を個別制御することで、かつてない高い安全性能を実現します。
また、EV・HEVの安定した制動と効率向上に貢献する、回生協調ブレーキ用ボールねじも展示します。
ブースでは、技術者による環境と安全に貢献する当社製品・技術のプレゼンテーションを実施します。

出展概要

展示会名 人とくるまのテクノロジー展 2014 名古屋
開催期間 2014年12月11日(木)~12月12日(金)
会場 ポートメッセなごや
出展ブースNo. 25
公式ウェブサイト http://expo.jsae.or.jp/ 外部ページ

NSKは、これまで培ってきた実績と技術開発力を活かして、今後も高い信頼性と生産性や品質の向上、環境への配慮、省エネルギー、省メンテナンスコストでお客様に貢献します。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。