「人とくるまのテクノロジー展2014」に出展

~クルマの環境と安全に貢献する技術や製品を幅広く展示~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、2014年5月21日(水)~5月23日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で 開催される「人とくるまのテクノロジー展2014」において、未来のクルマ社会を目指し「環境・安全の向上に貢献するNSKの自動車技術」をテーマに、最先端の技術や製品を幅広く展示します。
環境性能向上に貢献する製品・技術の展示では、「 高信頼性シール付ハブユニット軸受 」のアウターシールがどのように泥水の浸入を防ぐのか、AR技術*を活用して分かりやすくご紹介します。シール性が向上することで、耐久性を高め、製造段階から製品の使用、廃却に至るまでのライフサイクル全体での環境負荷を低減する製品・技術です。また、「 高信頼性クラッチプーリー 」、「 高効率シェルニードル軸受 」など、従来の内燃機関や多段オートマチックトランスミッションやCVTの効率向上に貢献する製品・技術に加え、「 高速モータ用グリース潤滑玉軸受 」、「タンデムワンウェイクラッチ」など、HEVやEVの効率向上に貢献する製品・技術も展示します。

  • * バーチャルリアリティ(VR)の変種。iPad等のモバイル端末を通じて、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加、強調などして、人間から見た現実世界を拡張するもの

安全性能向上に貢献する製品・技術の展示では、グローバルに生産される車種において、各地域で要求される様々な高機能なニーズに対して幅広く対応可能であると同時に、大幅なコストアップなしに軽量化と安全性向上を実現する「 モジュール化対応高機能電動パワーステアリング(EPS) 」を展示します。また、モータとECUやギアボックスなどのメカニクス機構の統合に加え、ECU自体の小型化で軽量かつ搭載性を向上させた「機電一体型コラムEPS(開発品)」も展示します。
環境性能と安全性能双方の向上に貢献する製品・技術では、車輪のハブ(中央)部分に小型・軽量な駆動モータと様々な種類の軸受を内蔵した「ホイールハブモータ」を展示します。タイヤを直接駆動することで、走行性能の究極の効率化が可能になり、環境性能を向上します。また、各タイヤの駆動力をそれぞれ制御することで、かつてない高い安全性能を実現します。
ブースでは、技術者による環境と安全に貢献する当社製品・技術のプレゼンテーションを実施します。さらに、自動車技術会春季大会では、展示品に関連した、ハーフトロイダル無段変速機(CVT)の効率向上に関する講演も併せて行います。

出展概要

展示会名 人とくるまのテクノロジー展2014
会場 パシフィコ横浜
出展ブースNo. 252
開催期間 2014年5月21日(水)~5月23日(金)
公式ウェブサイト http://expo.jsae.or.jp/  外部ページ

 

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。