一軸アクチュエータ 「モノキャリア™」をリニューアル

~高速・静音、高負荷容量、シリーズ拡充~

一軸アクチュエータ 「モノキャリア(TM)」

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、モノキャリア™の高速・静音や長寿命化などの機能を向上させ、小型サイズの拡充を行うなどの全面的なリニューアルを行います。
NSKでは2014年4月より本製品の販売を開始し、2015年までに10億円の売上増を目指します。

【開発の背景】

NSKでは半導体・液晶製造設備、自動車関連設備などの様々な搬送用途向けに、ボールねじ、NSKリニアガイド™、サポート軸受を一体化した軽量コンパクトな一軸アクチュエータとして、モノキャリアMCMシリーズを業界で初めて開発し、1991年より市場に投入しました。さらに、2001年にはレールの剛性を高めたモノキャリアMCHシリーズ、2009年には案内部の転動体にローラを採用した超高負荷容量のタフキャリア™を導入するなど、多様化する市場ニーズにお応えしてまいりました。
近年、生産性向上を目指し、タクトタイムの短縮が求められています。さらに、装置のコンパクト化に対応するため、小型サイズの拡充の要求もあります。
NSKでは、このようなモノキャリアへのニーズの多様化に対応するため、以下の優れた製品を開発しました。

【製品の特長】

1. 高速化への対応
ボールねじを高速仕様に見直すことで、モノキャリアの許容回転数を従来の3000min-1から1.6倍の5000min-1に引き上げます。
2. 静音・低振動と高負荷容量化
一部のモノキャリアに使用している転造ボールねじを精密ボールねじに変更します。これに伴い、騒音レベルで5dBダウン、振動値で半分の静音・低振動を実現します。また、ボールねじの鋼球径をアップすることで、最大で動定格荷重が1.4倍、寿命で2.7倍に向上します。
*:転造ボールねじを採用している一部の型番に限ります。
3. 小型型番の拡充
小型型番MCM03にリード5mmと15mmを追加します。MCM03のリード15mmでは業界で最高速1250mm/sを実現し、装置の高速化に貢献します。

【用途例】

半導体・液晶、自動車関連設備などや一般産業機械向けに最適です。

【製品の効果】

高速化に伴い生産効率アップに寄与します。

開発経緯
モノキャリアのリニューアル内容

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。