持運び可能な「障害物自律回避ポータブル先導ロボット」を開発

~いつでも、どこでも歩行をアシストするパーソナルロボットの提案~

障害物自律回避ポータブル先導ロボッ

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、外出時などの際に容易に持運び可能な「障害物自律回避ポータブル先導ロボット」を開発しました。
NSKは11月6日(水)から11月9日(土)まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「2013国際ロボット展」に本開発品を出展し、会場で実際にご体験頂くことで、広く市場ニーズを探ります。

【開発品の背景】

これまでNSKは、視覚障がい者を対象に、病院、オフィスビル、商業施設など、平地や傾斜面のバリアフリー環境での走行が可能な障害物自律回避機能付き先導ロボットを開発してきました。しかし、従来品は、重量が重いため、特定の場所に設置する必要があることや階段やエスカレーターを越えられないなど、使用できる場所が限られていることが課題となっておりました。
今回NSKは、これまでのロボット開発で培ってきた障害物自律回避機能を搭載しながらも、ユーザが容易に持ち運べる、重量10kgに軽量化した「障害物自律回避ポータブルロボット」を開発しました。

【開発品の特長】

全方向の移動が可能な前輪駆動を採用することにより後輪の構造を簡素化し、さらに外装にはCFRP(カーボン・ファイバー・強化樹脂)材料を採用しました。設置型タイプに比べて大幅な小型・軽量化(体積比50%減、重量比75%減)と折畳み可能な構造を採用しました。これにより、ユーザが容易にロボットを持運んで段差を越えることが可能になりました。

【開発品の想定用途】

本開発品は、盲導犬や介護犬の代用や高齢者の移動支援を目指したものです。病院、オフィスビルなどのビル内をエスカレーターや階段を使って行き来することが可能になり、また、車や公共交通手段で移動させることが可能です。これにより、幅広い場所で安全な歩行を支援し、視覚障がい者の介護者の負担を軽減します。

障害物回避先導ロボットの試作経緯
障害物自律回避ポータブル先導ロボット

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。