フランクリン工場が創立20周年

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)の米国統括会社、NSKアメリカズ社(本社:ミシガン州アナーバー市)のフランクリン工場(インディアナ州フランクリン市)は、2013年10月4日に創立20周年を迎え、記念式典を行いました。
当日は、お客様をはじめ、サプライヤー、地域の方々など約300人にご出席いただき、セレモニー後には、同工場をご見学もしていただきました。また、夕方には同社社員とその家族に対する工場見学会を開催しました。
式典では、1993年の工場開所式で国歌を斉唱したセシリア・ヘンソンさんが国家斉唱を行いました。また、地元フランクリン市のジョー・マクギネス市長、地元ジョンソン郡の慈善団体のエグゼクティブディレクターを務めるナンシー・プレーク氏がフランクリン工場の20年にわたる地元への貢献に対して祝辞を述べられました。最後に、NSKアメリカズ社を代表し、NSKプレシジョン・アメリカ社社長のクリストファー・スワートアウトが地元行政や関係者のご支援・ご協力に対しお礼を述べました。

【フランクリン工場について】

所在地 米国インディアナ州フランクリン市
生産品目 軸受及びボールねじ
従業員数 約400人
敷地面積 242,822㎡
代表者 バーナード・リンゼイ(NSKアメリカズ社 CEO)

【NSKの米州事業について】

NSKは、1962年に米国ニュージャージー州ニューアーク市にNSK初の海外販売拠点としてジャムコ・コーポレーション(現在のNSKコーポレーション社)を設立し、以降南北アメリカ大陸の各地に販売拠点を設立し、現在20カ所の販売拠点を展開しております。
1970年には、ブラジル・サンパウロ市郊外にNSK初の海外生産拠点としてスザノ工場*を設立し(1972年に操業開始)、現在では米国のフランクリン工場、クラリンダ工場(アイオワ州クラリンダ市)など、米州で8工場を展開し、軸受、ステアリング製品、ボールねじなどの高品質な製品を生産しております。また、米国とブラジルにテクノロジーセンターを持ち、現地の市場ニーズに最適な製品を開発しております。
NSKは、1997年に、ミシガン州アナーバー市に米州事業の統括会社、NSKアメリカズ社を設立し、米州において、体質強化と成長戦略を進めております。NSKの米州事業の社員数は約2,800人で、2013年3月期の売上高は約1,000億円でした。
* NSKの現存する海外工場としては、最も長い歴史を持つ。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。