創立100周年委員会の設置について

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、2016年に創立100周年を迎えるにあたり、10月1日付で「NSK創立100周年委員会」及び「NSK創立100周年記念事業推進プロジェクトチーム」を新設いたします。

NSKは、おかげさまで2016年11月8日に創立100周年を迎えます。
創立100周年に向け、本年10月1日付で「NSK創立100周年委員会」を設置し、これまでの歴史を振り返り、また次の100年先を見据えて社会に貢献する企業としてのあるべき姿のグローバルな共有化に向けて、100周年記念事業として何をなすべきか等を検討・整理してまいります。
「NSK創立100周年委員会」は社長を委員長とし、全事業部門、全地域部門の経営トップ層が参画する全社横断的な委員会です。更に、同委員会が策定する記念事業の方向性に合わせ、NSKが果たすべき使命の実現に向け、社員・役員・OB役職員、そしてNSKに関係するすべてのステークホルダーと共に、「人と人」のつながりを大切にしながら、それらの体現を目指し、世の中がNSKの未来に期待を持てるように、記念事業を企画・実行し、かつ、その事業を社内外に積極的に発信する「NSK創立100周年記念事業推進プロジェクトチーム」も併せて新設します。
NSKでは、1916年に日本で初めて軸受の生産を開始して以来、多種多様なタイプの軸受を開発、世界各地に供給し、産業の発達、機械の進歩に大きく貢献しています。現在、NSKは、軸受の分野で日系企業としては第1位、世界でも第3位のシェアを占めています。
NSKでは、軸受の生産で培ってきた技術を利用し、早くから自動車関連製品、精機製品の分野に進出するなど、多角化も進めています。
NSKは、常に時代の先端を担う新たな分野にチャレンジし、鉄鋼圧延機、東海道新幹線、国産人工衛星、航空機、高精細ビデオカメラなどの実現に、その技術力で大きく貢献したほか、他産業に先駆けて1960年代より、グローバルに事業を展開し成長を続けてきました。今では世界30カ国に212拠点を展開し、独自の技術をもつリーディング・カンパニーとして、世界のあらゆる産業の技術の発展を支えています。
NSKでは100周年の次の100年も同様に、創業の精神*にのっとり、自己変革と成長を続けながら、革新的な製品をつくり、世界に供給することで企業としての貢献を果たすことができる「グローバル・エクセレントカンパニー」を目指していきます。
* 創業の精神: フロンティア精神にのっとり、軸受など製品の品質向上を通じて社会の発展に貢献する。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。