人とくるまのテクノロジー展2013に出展

~クルマの環境と安全に貢献する技術や製品を幅広く展示~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、2013年5月22日(水)~5月24日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で 開催される「人とくるまのテクノロジー展2013」において、未来のクルマ社会を目指し「環境性能と安全性能の向上への貢献」をテーマに、最先端の技術や製品を幅広く展示します。
未来のクルマ社会では、環境面においては、燃費規制強化、ハイブリッド自動車(HEV)、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の流れなど電動化の一層の進展に加え、超小型シティコミューターなどの次世代交通システムの登場、超高効率なエネルギー変換今後の技術革新など、自動車の環境保全への新たな取り組みが一層求められます。
一方、安全面においては、エアバッグなど交通事故の衝突時のダメージを低減する受動安全のみならず、今後は、電子技術を活用した電動パワーステアリング(EPS)により操縦安定性の向上や追突防止自動ブレーキシステムをはじめとする衝突事故自体を減らす装置の開発、さらには運転の自動化による危険回避など、交通事故を減らす能動安全システムの実現が期待されます。
NSKは、来るべきクルマ社会の未来を見据えて、90年以上にわたる軸受の製造・開発で培った技術力を生かして未来のクルマに貢献する、「コスト競争力が高く、高機能な製品・技術」を下記内容で幅広く出展します。
ブースでは、技術者による環境と安全に貢献する当社製品・技術のプレゼンテーションを実施いたします。さらに、自動車技術会春季大会においては、製品・技術の展示に関連したEV関連技術、ハーフトロイダル無段変速機(CVT)、自動車軸受の最新技術動向に関する講演も併せて行います。

■ 展示会概要

名称 自動車技術展 「人とくるまのテクノロジー展2013」
開催期間 2013年5月22日(水)~5月24日(金)
会場 パシフィコ横浜・展示ホール
主催 社団法人自動車技術会
公式ウェブサイト http://expo.jsae.or.jp/外部ページ
出展ブースNo. 284

■ 主な出展物

(1) 「環境性能向上」に貢献する製品・技術の展示
NSKの軸受は、小型・軽量化、低摩擦損失、高信頼性、HEVやEVへの対応により、自動車の環境性能の向上に貢献します。
  • 「高信頼性シール付ハブユニット軸受」など、信頼性向上により製造段階から製品の使用、製品の廃却までのライフサイクル全体での環境負荷を低減する製品・技術
  • 「高信頼性クラッチプーリー」など、内燃機関の燃費向上に貢献する製品・技術
  • 「高効率シェルニードル軸受」など、多段オートマチック、CVTの効率向上に貢献する製品・技術
  • 「高速モータ用グリース潤滑玉軸受」、「タンデムワンウェイクラッチ」など、HEVやEVの効率向上に貢献する製品・技術
(2) 「安全性能向上」に貢献する製品・技術の展示
NSKのEPSは、ハンドルの操作力の低減と燃費向上への貢献に加えて、センサなどの電子制御技術を活かして、ドライバーが安全・快適にハンドル操作を行えるようにアシストします。
  • 「タイヤグリップロス検知機能付き電動EPS」に代表される走行安定性を高めたEPS(動画紹介)
(3) 「環境性能」と「安全性能」の双方に貢献する製品・技術の展示
  1. 「ホイールハブモータ」
    車輪のハブ(中央)部分に小型・軽量な駆動モータを内蔵したEVのさらなるイノベーションのカタチです。本開発品には、小型・軽量化した遊星歯車を内装したハブユニット軸受、その遊星歯車で使用される高速回転対応するミニアチュアケージ&ローラベアリング、電動モータと近接する部位で使用する耐電食絶縁軸受などが使われております。タイヤを直接駆動することで、走行性能の究極の効率化が可能になり、環境性能を向上します。また、各タイヤの駆動力をそれぞれ制御することで、かつてない高い安全性能を実現します。
  2. 「回生協調ブレーキシステム用低フリクション ボールねじ」
    HEVやEVでは、減速時にモータを発電機として回転させることでエネルギーを回生し、蓄電池を充電する回生協調ブレーキシステムが広く採用されております。このようなシステムでは、発電のためモータが回転する抵抗を制動力として利用します。回生ブレーキを最大限生かしつつ、通常のブレーキと協調して作動させることで、制動力の確保による安全性能向上とエネルギー回生率の向上による環境性能向上を実現します。

■ 技術講演

NSKは、ブース内に展示します製品・技術に関連した以下の講演を行います。

講演タイトル

  • 電気自動車への無段変速機の適用に関する基礎的検討
  • 円すいころ軸受 低フリクション化のための最新技術動向
  • ハーフトロイダルCVTの高効率化

* 講演時間・会場等の詳細は、以下の自動車技術会ホームページの大会プログラムをご参照ください。

大会プログラム: 2013年春季大会 in パシフィコ横浜“大会プログラム” 外部ページ

■ 製品説明パネル

  1. HEV用玉軸受
  2. EV用玉軸受
  3. 多段T/M・CVT用玉軸受(1):NSK EQTF
  4. 多段T/M・CVT用玉軸受(2)
  5. 多段T/M・CVT用円すいころ軸受
  6. 多段T/M・CVT用ニードル軸受(1)
  7. 多段T/M・CVT用ニードル軸受(2)
  8. タンデムワンウェイクラッチ
  9. トランスミッション内蔵トルクセンサ
  10. ハブユニット軸受 技術ロードマップ
  11. 高機能ハブユニット用グリース
  12. 高信頼性ハブユニット軸受(1)
  13. 高信頼性ハブユニット軸受(2)
  14. ABSセンシング用高信頼性ハブユニット軸受
  15. 小型軽量ハブユニット軸受
  16. ターボチャージャ用転がり軸受カートリッジユニット オルタネータ用高信頼性クラッチプーリーユニット
  17. 排気ガス再循環(EGR:Exhaust Gas Recirculation)及びスロットル用耐フレッチング軸受
  18. 低トルクタペットローラ カムジャーナル用転がり軸受
  19. ECU統合型コラムEPS
  20. コラムEPSの衝突安全対応技術
  21. ハイブリッド トロイダルIVT
  22. EVドライブシステム
  23. 仮想エンジンに搭載されているNSK製品
  24. ホイールハブモータ
  25. 大ロードマップ

NSKは、自動車軸受では世界No.1、EPSでも世界トップレベルの総合自動車部品メーカーとして、世界の多くのカーメーカーに高品質な製品をグローバルに供給しております。NSKは、今後も世界トップレベルの技術力によって、摩擦をコントロールし、さらなるエネルギー損失の低減に挑戦し、安全・快適・環境にやさしいクルマ社会の実現と自動車産業の発展に貢献してまいります。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。