自動車用自動変速機向け「プラネタリ機構用高耐久ニードル軸受」を開発

~自動変速機の小型・軽量化への貢献~

プラネタリ機構用高耐久ニードル軸受

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、主にオートマチックトランスミッション(以下AT)やハイブリッド車用変速機(以下HEV)、ベルトCVT(以下B-CVT)のプラネタリ(遊星)機構*向けに長寿命化を実現した「プラネタリ機構用高耐久ニードル軸受」を開発しました。本製品は、一層の長寿命化による変速機の小型・軽量化に貢献します。また、既存設備を活用した生産が出来ることから、海外工場での現地生産による供給が可能です。NSKは、本製品の売上として2015年に12億円/年を目指します。

* プラネタリ機構:自動車用自動変速機において、複数の歯車の自転や公転を組み合わせて、入力された力の効率を高めるための変速機構。

プラネタリ機構図解

【開発の背景】

近年、グローバルな自動車燃費規制強化を背景に、先進国に加えて新興国においても同様の燃費改善が求められております。これに伴い、自動変速機においても小型・軽量化や損失トルク低減など、高効率化のニーズが拡大しています。なかでも、中国をはじめとする新興国においては、自動車需要が増加する中で、多段ATやHEV、B-CVTなどの自動変速機のニーズが急速に高まっています。これらに使用されるプラネタリ機構も需要が増加しており、現地生産のニーズも高まっています。しかし、高機能製品を生産するための設備投入が負担となっておりました。
NSKは既存の生産設備を活用して熱処理を最適化することにより、ころの耐久性と耐圧痕性を高め、新興国での生産が可能なプラネタリ機構用高耐久ニードル軸受を開発しました。

圧痕発生メカニズム

【本製品の特長】

自動変速機の小型・軽量化
従来品に対して、軸受の耐久寿命(50%アップ)と耐圧痕性(15%アップ)を向上させたことで、ニードル軸受の小型化・軽量化が可能になりました。
  • 幅狭化を重視する場合は12%のサイズダウンが可能。
  • 軽量化を重視する場合は25%の軽量化が可能。

【本製品の効果】

(1) 燃費改善に貢献
自動変速機の小型・軽量化を可能にし、燃費改善に貢献します。
(2) 高機能製品のコスト競争力の向上
新興国においても既存設備が活用できます。そのため、NSKの国内外の幅広い生産ネットワークから高品質な製品の供給が可能になります。NSKはこれにより、世界各地のボリュームゾーン市場への拡販を進めます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。