「JIMTOF2012」日本工作機器工業会での講演のお知らせ

~直動製品の最新の技術を紹介~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、2012年11月1日(木)~11月6日(火)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「JIMTOF2012 第26回 日本国際工作機械見本市」の会期中の11月5日(月)に日本工作機器工業会(http://www.jmaa.or.jp/japan/index_j.html )が開催する技術講演会において、技術講演を行ないます。
工作機械の高精度化や高信頼性に向けて、工作機械の構成部品の高性能化が益々期待されています。今回、NSKは、ボールねじ及び直線運動用案内など、工作機械の性能アップに貢献する最新の技術動向を紹介します。

【開催概要】

日時 11月5日(月) 13:00~16:50
場所 東京ビッグサイト会議等6F 607・608会議室
テーマ 工作機器最新技術講演会~高精度位置決めと高信頼性を支える工作機器
スケジュール
・13:00~13:10
ご挨拶:日本工作機器工業会技術振興委員会委員長 矢部 四郎司(日本精工(株)直動技術センター所長)
・14:35~15:00
講演:「直動案内の最近の技術動向について」 藤田 洋、日本精工(株) 直動技術センター LG技術部 グループマネジャー
・15:35~16:00
講演:「ボールねじの高精度技術」佐藤 秀之、日本精工(株) 直動技術センター BS技術部 グループマネジャー
※聴講料は無料です。

NSKのJIMTOF2012について

NSKは工作機械のコア部品である軸受、ボールねじ、リニアガイド、メカトロ製品、そしてスピンドルの 5つの 要素部品を製造・開発している唯一のメーカーとしての総合技術力をベースにしたきめ細かい販売サービスで、お客様の更なる期待にお応えしております。NSKは今回のJIMTOFにおいて、工作機械業界で求められる高精度化、耐発熱性、高速回転化などの更なる高性能化に加えて、近年新興国市場を中心に需要が伸びている標準機能で低価格化を実現した製品など、幅広いニーズにお応えする製品を展示します。

>> NSKのJIMTOF出展について

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。