NSK標準ボールねじ「ハイスピードSSシリーズ」及び高速・重荷重用サポートユニットを商品化

~世界最高速の標準在庫ボールねじ~

ハイスピードSSシリーズ

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、標準ボールねじ「ハイスピードSSシリーズ」及び高速・重荷重用サポートユニットを商品化し、2013年2月から販売を開始します。NSKは本製品の売上として2015年に15億円を目指します。
本製品を2012年11月1日(木)~11月6日(火)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「JIMTOF2012 第26回日本国際工作機械見本市」に出展します。
近年、自動車製造設備等の専用加工機や工作機械などでは、生産性向上のため、ボールねじへの高速化要求が高まっており、同時に短納期への要求も増えています。
今回、NSKでは高速化に対応するため、NSK独自の高速・静音技術を採用した標準ボールねじ「ハイスピードSSシリーズ」を開発し、これに最適な高速対応のサポートユニット「高速・重荷重用サポートユニット」を開発しました。更に、これらの製品を在庫化する事で短納期の要求にもお応えします。

【本開発品の特長】

1. ボールねじの高速化とサポートユニットの発熱低減
NSK独自の高速・静音技術を駆使し、滑らかなボール循環を実現しました。これにより、従来のチューブ循環方式の標準品に比べ2倍以上の許容d・n値*116万の高速回転が可能になり、最高送り速度は、80m/min*2に達します。また、高速化による支持軸受の発熱低減のため、サポートユニットには予圧を最適化した軸受を採用し、発熱を1/2に低減しました。
  • *1: d・n値:軸径d(mm)×回転数n (min-1)
  • *2: 軸径40mm、リード20mmの場合
2. ボールねじの静音・低振動化
NSK独自の高速・静音技術を駆使した新循環方式の採用により、従来のチューブ式に比べて騒音レベルを6dB(A)低減、振動レベルを1/2に低減しました。
3. ボールねじ、サポートユニットの短納期対応
高速用ボールねじとして「ハイスピードSSシリーズ」と、これに対応する「高速・重荷重用サポートユニット」を在庫販売します。これにより、短納期対応が可能となります。
4. 豊富なバリエーション
専用加工機や工作機械に適したボールねじの仕様(軸径、リード、長さ)で9型番・33種類、サポートユニットも10種類をシリーズ化しました。また、軸端は未加工とし、後加工し易い仕様にしました。

【本開発品資料】

NSK標準ボールねじ

ハイスピードSSシリーズ仕様

許容dn値 16万(従来比2倍以上)
精度等級 JIS C5級
予圧形式 オフセットリード予圧 (シングルナット)
軸端形状 軸端未加工形状
取付寸法 従来標準品とナット取付互換
型番種類 軸径、リード、軸長さの組合せ
合計9型番、33種類を在庫化
ハイスピードSSシリーズ
<軸径、リードの組合せと最高送り速度[m/min]>
軸径/リード 5mm 10mm 12mm 16mm 20mm
Φ32mm 25 50      
Φ40mm 20 40 48 64 80
Φ45mm   35      
Φ50mm   32 38 51 64
赤字:展開予定
<軸径、リードと軸全長の組合せ>
単位[mm]
軸径 リード ねじ軸全長
Φ32mm 5 650,950,1250,1550,1850
10 850,1050,1450,1850,2250
Φ40mm 10 950,1450,2100,2900
12 1450,2100,2900
16 1450,2100,2900
20 1450,2100,2900
Φ45mm 10 1450,2100,2900
Φ50mm 10 1450,1850,2350,2900
12 1450,2100,2900

高速・重荷重用サポートユニットのラインナップ

<ラインナップと適用BS軸径>
軸受内径 サポートユニット 適用BS軸径
Φ25mm WBK25DF-31H Φ32mm
WBK25DFD-31H
Φ30mm WBK30DF-31H Φ40mm
WBK30DFD-31H
Φ35mm WBK30DFD-31H Φ45mm
WBK35DFD-31H
WBK35DFF-31H
Φ40mm WBK40DF-31H Φ50mm
WBK40DF-31H
WBK40DFF-31H
サポートユニットのラインナップ

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。