独占禁止法(競争法)ガイドブックの配布について

~社員一人ひとりにコンプライアンスの重要性を徹底~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、この度、コンプライアンス体制の一層の強化を狙いとして、NSKおよび国内のNSKグループ会社の全役員・従業員に独占禁止法(競争法)に関するガイドブックを配布・周知いたします。
NSKは、今般、独占禁止法違反の容疑により当社および当社関係者が起訴されるという事態に至りましたことを厳粛かつ真摯に受け止め、社員一人ひとりが法令遵守を最重要課題として日々の業務に当たるとともに、一日も早い信頼回復に向けて、徹底した原因究明と再発防止策の策定・実施に全力で取り組んでおります。
今回、独占禁止法の遵守を全社で徹底するための新たな取り組みとして、独占禁止法(競争法)の内容および注意事項をわかりやすく記載したガイドブックを、NSKおよび国内のNSKグループ各社の役員含めすべての社員一人ひとりに配布し、その内容を理解させた上で、独占禁止法(競争法)を遵守する旨の誓約書を、全役員・従業員が提出するという取組を行うことにいたしました。
今後、本ガイドブックを用いた継続的な研修およびeラーニング等を実施することで、独占禁止法の理解の定着と法令遵守意識の向上のための実効性のある運営を行なってまいります。

1.配布対象者

NSKおよび国内のNSKグループ会社の全役員・従業員(約14,000名)

2.配布時期

2012年8月末から順次配布。

NSKでは、今後も全役員・従業員に対する法令遵守の意識向上を図ってまいります。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。