「人とくるまのテクノロジー展2012」に出展

~クルマの安全と環境に貢献する技術や製品を幅広く展示~

日本精工グループ(NSK)は、5月23日(水)から5月25日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2012」において、クルマの安全と環境に貢献する製品を幅広く展示します。
今回の展示では、電動パワーステアリング(EPS)とハブユニット軸受については、代表的な技術や製品を紹介すると共に、ブース内で開発担当者による技術プレゼンテーションを実施いたします。また、自動車技術会春季大会における弊社の講演に関連して、電気自動車(EV)用駆動装置、トロイダル無段変速機、ドライブトレイン用軸受や部品の展示も併せて行ないます。

1.NSKブースの主な展示物

シャシ系製品

EPS:

高効率・高出力化により操舵感を向上させた「モータ・ECU近接配置コラムタイプEPS」、ブラシレスモータを採用し高出力、小型・低騒音に加え、モータ制御技術により操舵感を向上させた「小型・高出力ピニオンタイプEPS」など、燃費の良さに貢献すると共に制御機能により安全と快適さを実現させたEPSを展示します。更には、今後のEVの普及を見据え、EVの最大の課題である航続距離の延長に貢献するステアリング未来製品として超軽量ラックを展示します。
また、ブース内で開発担当者による技術プレゼンテーションを実施し、NSKのEPSが今後目指す技術や製品の方向性や特徴的な技術トピックスをご紹介します。

ハブユニット軸受:

冷間成形により大幅な軽量化を実現した「軽量冷間成形ハブユニット軸受」、信頼性を向上させるシールやグリースなどの技術、さらにはEVへの対応を見据えた未来製品の展示を行います。
また、ブース内で開発担当者による技術プレゼンテーションを実施し、NSKのハブユニット軸受が今後目指す技術や製品の方向性や特徴的な技術トピックスをご紹介します。

その他の展示物:

回生協調ブレーキシステム用ボールねじも展示します。

ドライブトレイン及びエンジン系製品

ドライブトレイン関連製品:

燃費の向上のために軸受の一層の低トルク化が求められています。低トルク化を実現する材料熱処理技術・油流制御技術と、それらの技術を適用した「超長寿命玉軸受」や「油流制御機構付き一体型スラストニードル軸受」等の製品の展示を行います。
また、HEV・EV対応製品として「超高速大径玉軸受」・「2ウェイクラッチ」や「ハイブリッドトロイダルIVT(IVT:変速比無限大変速機)」・「EVドライブシステム」のカットモデルを展示いたします。
また、ブース内で開発担当者による技術プレゼンテーションを実施し、NSKが今後目指すドライブトレイン技術や製品の方向性や特徴的な技術トピックスをご紹介します。

エンジン関連:

燃費向上のためにエンジンの動弁系の進化が進んでいます。この進化する動弁系に適用されるNSK製品の展示を行います。

2.自動車技術会春季大会での講演発表

NSKは、内燃エンジン車の効率向上とEV社会の実現に向けて、自動車関連技術開発の成果として以下の講演を行ないます。またNSKブースでは、下記講演に関連する製品カットモデルの展示も行ないます。

『ワイドレンジ・ハーフトロイダルCVTの技術開発』
5月23日(水)9時30分~ オーガナイズドセッション「動力伝達系の最新技術I」において
『変速機構を有するEV駆動ユニットの開発』
5月25日(金)9時30分~ オーガナイズドセッション「最新のEV、 HEV技術III-(1)」において

NSKは、自動車軸受では世界 No.1、EPSでも世界トップレベルの総合自動車部品メーカーとして、世界の多くのカーメーカーに、高品質な製品をグローバルに供給しております。NSKは、今後も世界トップレベルの技術力によって、摩擦をコントロールし、更なるエネルギー損失の低減に挑戦し、安全・快適・環境にやさしい車社会の実現と自動車産業の発展に貢献してまいります。

開催期間 2012年5月23日(水)~5月25日(金)
主催 社団法人自動車技術会
イベント公式サイト http://expo.jsae.or.jp/ 外部ページ
NSKブースロケーション P25

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。