「北京モーターショー2012」に出展

~クルマの効率向上に貢献する製品を数多く展示~

北京モーターショー2012 NSKブース

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、4月23日(月)から5月2日(水)まで中国 北京市内の北京国際展覧中心(天竺)新館において開催される「北京モーターショー2012」に出展します。北京モーターショーは、二年に一度開催される世界最大級のモーターショーであり、世界各国から100万人以上の来場者と自動車および関連部品産業の多くの企業が出展します。
NSKは、「環境・安全の向上に貢献するNSKの“解”」をテーマに、「小型・軽量」、「長寿命」、「低トルク」、「高密封」などの最先端の技術で、クルマの効率や信頼性の向上に貢献する製品や技術を数多く展示します。

【主な出展物】

ハブユニット軸受 ハブユニット軸受は、タイヤを支え、クルマの安全で快適な走行を実現します。NSKのハブユニット軸受は、センサ技術を活用した安全性の向上、水や泥の浸入を防ぐ高密封性による高い耐久性と信頼性の実現、小型・軽量化や摩擦損失の低減による燃費向上など、クルマの環境や安全に貢献しております。
  • 低フリクションハブユニット軸受
  • マルチセンシングハブユニット軸受
電動パワーステアリングシステム(EPS) EPSは、油圧から電動化することで、パワーロスが少なく、クリーンかつ省燃費を実現し、また、モータを緻密に制御することで、安全で快適な操縦機能を可能にします。なかでもNSKのEPSは、安全、高効率、軽量化、低騒音を実現しております。
  • コラムタイプEPS
  • EPS動展示モデル
電装向け軸受 電装向け軸受は、エンジン周辺の高温下や振動条件下で使用されます。NSKの電装向け軸受は、高い耐久性と信頼性による安全性に加えて、小型・軽量化や摩擦損失の低減により環境性能向上にも貢献しております。
  • オルタネーター用軸受
  • コンプレッサー用軸受
ドライブトレイン軸受など NSKのドライブトレイン軸受は、マニュアルトランスミッション(MT)やオートマチックトランスミッション(AT)、そして無段変速機(CVT)、ダブルクラッチ(DCT)、更にはハイブリッド(HEV)、電気自動車(EV)まで、あらゆるドライブトレインに対応しており、信頼性の向上、小型・軽量化、摩擦損失の低減により、燃費の向上に貢献しております。
  • NSKの軸受を数多く採用したAT用トランスミッションカットモデル
  • HEV専用軸受などを組み込んだHEV用トランスミッションカットモデル
EV関連の展示 今回の展示では、多くのNSK製品を組み込むことで、EVの性能アップを提案する以下のコンセプトモデルも展示します。
EVドライブシステム:
EV(電気自動車)の駆動部に小型・軽量化や高効率なNSK製品群を組み込むことで、EVの航続距離延長を提案するコンセプトモデル。
ホイールハブモータ:
車輪のハブ部にモータなどを内蔵させ、NSKの小型化や信頼性確保の技術や製品によりタイヤを直接駆動させるEVの高効率化の可能性を提案するコンセプトモデル。

NSKは、自動車軸受では世界No.1、EPSでも世界トップレベルの規模を誇る総合自動車部品メーカーとして世界の多くのカーメーカーに、コスト、品質に優れた製品をグローバルに供給しております。NSKは中国においても、40年以上前からの国営企業向けの技術供与に端を発し、高品質・高機能な自動車軸受やステアリング製品の生産、開発、販売を行なっております。
NSKは今後も世界トップレベルの技術力によって、NSKは摩擦をコントロールし、更なるエネルギー損失の低減に挑戦し、安全・快適・環境にやさしい車社会の実現と自動車産業の発展に貢献していきます。

開催期間 2012年4月23日(月)~5月2日(水)
プレスデー 4月23日(月)及び24日(火)
イベント公式サイト http://www.china-autoshow.com/2012beijing/ 外部ページ
NSKブースロケーション W2-W03
NSKウェブサイト 日本: http://www.nsk.com/
中国: http://www.cn.nsk.com/

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。