新型新幹線 E5系にNSKの高機能軸受が採用

~ 鉄道車両の更なる信頼性向上と省エネに貢献 ~

本年3月に営業運転を開始致しました東北新幹線の新型車両E5系に日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)の鉄道車両向け高機能軸受が採用されました。

鉄道車両向け高機能軸受

鉄道車両向け軸受は、鉄道の安全走行に直接影響する重要保安部品であり、高い信頼性が要求されております。更には、信頼性を維持しながら省エネや環境負荷低減のため小型・軽量化も重要な課題となっております。なかでも多くのお客様を乗せて高速で長距離を安全に走行致します新幹線に使われる軸受には、高い効率と耐久性ならびに厳しい品質管理が求められております。

採用部位と製品の特長

車軸用軸受に「油浴複列円筒ころ軸受」が採用
本製品は高速回転に対応するため軸受の低発熱化を実現し、また、長距離走行に求められる軸受の長寿命化を実現致しております。
主電動機用軸受に安全性と軽量化に実績のある「セラミック溶射絶縁軸受」が採用
本製品は、電動機用軸受内に電流が流れるスパーク現象による寿命減少の原因となる電食の発生を防止し、信頼性の向上に貢献致しております。
駆動装置用軸受に軟窒化処理によって優れた耐衝撃性を持つ「高強度保持器」が採用
本製品は、大きな振動を受ける駆動装置用軸受の信頼性の向上に貢献致しております。

NSKの鉄道車両向け軸受

鉄道車両には安全性、高信頼性に加え、高速化への対応、省エネのための小型・軽量化、更には、メンテナンスの容易さ等が求められています。NSKの軸受はJR各社が国鉄の時代から国産鉄道車両の進化を支え、新幹線をはじめとする日本の国産鉄道車両の世界トップレベルの安全性、高速性能、高信頼性、省エネ性の向上に貢献してまいりました。NSKの鉄道車両向け軸受は、小型・軽量化、高速化対応、メンテナンス容易性等を実現してきた中で鉄道の安全性、高信頼性、高速化、高効率化に貢献し、国内でトップのシェアをいただいております。

NSKは、これからも環境負荷低減に貢献する鉄道車両向け軸受の事業を拡大してまいります。

新幹線 E5系車両 (写真提供:東日本旅客鉄道株式会社)

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。