NSKローラガイドに精密ランダムマッチングPH級をラインアップ

~ ラインアップの充実により、幅広い用途に短納期対応を実現 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、あらゆる産業に用途が拡大しつつあるローラガイドRAシリーズに新たに精密ランダムマッチング品を開発しました。NSKは、本製品の販売を2012年4月から開始し、2015年にはローラガイド全体で40億円の売上を目指します。

高負荷容量ボールねじサポート用軸受

開発の背景

NSKは、工作機械向けを中心に長寿命と高剛性の要求に対応した直動案内装置として、2003年に「NSKローラガイド RAシリーズ中予圧品」を開発しました。更に、2009年には液晶製造設備や搬送装置用途向けの長寿命化ニーズに対応するため、同シリーズに予圧荷重を最適化した「微予圧品」を追加し、市場から高い評価を得ています。これらの産業では短納期要求と共に装置の高精度化に対応した直動案内が求められています。

今回NSKでは、これらの市場ニーズに対応するために、精度を向上させると共に予圧を最適化した精密ランダムマッチングPH級を開発しました。

本開発品は、レールとベアリングの単品在庫管理により短納期要求に対応します。

NSKは本製品を12月7日から9日まで幕張メッセ(千葉市)で開催される 「セミコン・ジャパン2011」に出展します。

製品の特長

本製品は以下の優れた特長により、レールとベアリングの単品在庫管理を行うことで短納期対応を実現しました。ベアリングの追加、交換に加え、形式、仕様変更などに素早く対応し、お客様の利便性に貢献します。

加工精度を向上し、高精度品のランダムマッチングを実現
レール軌道面と取付基準面を高精度に加工することで、運動精度(走り平行度)を精密級P5相当に管理した『精密ランダムマッチングPH級』を実現し、高精度要求にも対応できるようになりました。
予圧の最適化による長寿命化の実現
従来の中予圧品に加え搬送装置に最適な微予圧を設定することにより、ローラガイド中予圧に対し約4倍、ボールガイドに対しては約8倍もの長寿命を実現しました。

用途例

微予圧品は液晶製造設備をはじめ各種搬送装置等の幅広い用途にお応えします。
中予圧品は大型産業機械をはじめとする高剛性ニーズにお応えします。

環境対応

本製品は環境負荷物質をまったく使用せず、環境にやさしい製品となっています。

ローラガイドRAランダムマッチング品の現状
ランダムマッチング品による短納期対応を実現
ローラガイドRA精密ランダムマッチング品の位置付け
ローラガイドRA精密ランダムマッチング品の特長
ローラガイドRA精密ランダムマッチング品のラインナップ

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。