自動車向け電装モータ用「静音長寿命軸受」を開発

~ 潤滑性能の改善により、モータ静音性向上に貢献 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、自動車向け電装モータ用として静音性能を長期間維持する「静音長寿命軸受」の開発に成功しました。NSKは、拡大している自動車向け電装モータ市場で本製品の拡販を図り、本製品の売上として2015年にグローバル市場で20億円/年を目指します。

自動車向け電装モータ用「静音長寿命軸受」

開発の背景

環境対策や低燃費、高効率化、制御の高精度化のために、クルマの電動化が進んでおり、様々な部位で自動車電装モータの採用が拡大しています。一方で、車の遮音、防音技術の向上やアイドルストップ化、HEV、EV化、更には車載モータのブレシレス化によるモータの静音化により、自動車電装モータには一層の騒音の低減が求められています。

今回NSKは、従来からの内部設計の最適化による静音化技術に加え、新開発のグリースを採用することで、高温下においても静粛性を長期間維持する軸受を開発しました。

製品の特長

静音長寿命化の実現
従来の静音グリースの耐熱性や防錆性などを向上し、潤滑不良による軸受の音響劣化(ノイズ)を従来品に比べ半減させました。
焼付き寿命の向上
耐熱性の向上により、軸受の焼付きまでの寿命を、従来に比べ約1.6倍に向上させました。
基本性能の維持
トルク性能や気密性など、従来からの基本性能は損ないません。
電装モータ用静音長寿命軸受の開発
新グリースの特長
特長2. エンドデフレクタ循環方式の採用

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。