二輪車ホイール用「低フリクション玉軸受」の開発

~ 低フリクションと密封性の両立により、燃費向上へ貢献 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、従来の密封性を維持しながら摩擦損失を大幅に抑え、低燃費化を可能にする二輪車ホイール用「低フリクション玉軸受」の開発に成功しました。NSKは、主に二輪車市場が急拡大している新興国向けに本製品を投入し、2015年にグローバルで10億円/年の売上を目指します。

二輪車ホイール用「低フリクション玉軸受」

【開発の背景】

新興国での移動手段として、二輪車市場は成長が続いております。二輪車のホイールに使われる軸受には、特に新興国において耐久性を確保するため、高い密封性による耐水性や防塵性が求められています。また、近年の排気ガス規制への対応やガソリン価格の高騰から、二輪車の更なる低燃費化も課題となっております。

今回、NSKは、シール形状の解析技術とシミュレーション評価技術を駆使し、密封性を維持しながら、低燃費化を可能にするフリクションの大幅な低減を実現しました。

【製品の特長】

本開発品は、二輪車のホイール用に特化した専用設計として、シールリップの長さや厚さ及び形状を最適化し、摩擦損失の低減と密封性の維持を両立しました。

摩擦損失の低減
シールリップ接触部の反力を半減することで、軸受のフリクションを約30%低減しました。
密封性の維持
シールリップ接触部の接触面圧を安定させる事で、軸受の密封性を同等以上にしました。

開発の背景

開発の背景

課題と開発コンセプト

課題と開発コンセプト

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。