「人とくるまのテクノロジー展2011」に出展

~ 環境・安全の向上に貢献するNSK技術・製品を数多く展示 ~

人とくるまのテクノロジー展2011 AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPOSITION

日本精工グループ(NSK)は、5月18日(水)から5月20日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2011」に出展します。NSKは電動化をはじめとした技術革新への対応と小型・軽量化や低トルク化など効率向上に貢献する製品を、実際に使用されるアプリケーションで分かりやすく展示します。

主な出展品

パワートレイン
進化するクルマの電動化を立体模型の中で判り易く展示します。同時に、環境に優しいアイドリングストップ機能を支える「Stop & Start 常時噛合いギア式始動機構用ワンウェイクラッチ」、エンジンダウンサイジングに更なる燃費向上をもたらす「ターボチャージャ用転がりユニット」など、パワートレインの電動化と効率向上に貢献する製品と技術を数多く展示します。
ドライブトレイン
ハイブリッドカーの燃費向上に貢献する「ハイブリッド車用大径低トルク玉軸受」など、ドライブトレインの電動化と効率向上に貢献する製品を数多く展示いたします。
シャシ
冷間成形により大幅な軽量化を実現した「軽量冷間成形ハブユニット軸受」など、小型・軽量化によりシャシ系の効率向上に貢献する製品を展示します。
電動パワーステアリング(EPS)
高効率・高出力化により操舵感を向上させた「モータ・ECU近接配置コラムタイプEPS」、高出力でありながら小型化と低騒音を両立したブラシレスモータとモータ制御技術により操舵感を向上させた「小型・高出力ピニオンタイプEPS」など、燃費の良さに貢献すると共に制御機能により安全と快適さを実現させたEPSを展示します。

NSKは、自動車軸受では世界No.1、EPSでも世界トップレベルの規模を誇る総合自動車部品メーカーとして、世界の多くのカーメーカーに、コスト、品質に優れた製品をグローバルに供給しております。NSKは、今後も世界トップレベルの技術力によって、摩擦をコントロールし、更なるエネルギー損失の低減に挑戦し、安全・快適・環境にやさしい車社会の実現と自動車産業の発展に貢献してまいります。

展示会概要

開催期間 2010年5月18日(水)~5月20日(金)
主催 社団法人自動車技術会
場所 パシフィコ横浜・展示ホール
NSKブース番号 278番号
イベントURL http://expo.jsae.or.jp/
その他 今回の展示会では、不要な照明を減らし、更に消費電力が少ないLEDを採用し、動展示を減らして、節電に配慮して実施します。

 

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。