ダイハツ工業株式会社 2010年度 技術開発賞受賞について

~ 新型「ムーヴ」向け冷間鍛造ハブユニット軸受 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、このたび、ダイハツ工業株式会社より、新型ムーヴに搭載されている「冷間成形ハブユニット軸受」の開発について、低燃費化への貢献を評価され、技術開発賞を受賞いたしました。

4月15日、ダイハツ工業(株)より賞状と記念品を授与されました
4月15日、ダイハツ工業(株)より賞状と記念品を授与されました

この「冷間成形ハブユニット軸受」は、通常の高温下(約1200℃)での成形方法とは異なり、常温環境(約20℃)での加工成形を可能にしました。

同タイプの製品として、世界で初めて量産化に成功しています。従来品と同程度の強度を保ちながら、軸受重量を5%低減し、ダイハツ工業株式会社の新型「ムーヴ」の燃費向上に貢献しています。

また、本製品は、製造時のエネルギー使用量を従来より30%低減しました。

*ハブユニット軸受は、タイヤをホイールに取り付ける部品と車体へ取り付ける部品を一体化したユニット軸受

NSKは今後もモノづくりの会社として、より信頼性が高く、よりエネルギーロスの削減に役立つ最高品質の製品やサービスを日々追求し、豊かさと地球環境の保全が両立する持続可能な社会の実現をめざし、企業活動に取り組んでまいります。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。