「第14回中国国際工作機械展覧会 CIMT2011」に出展

~ 成長著しい中国向けに最先端の製品を出展 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長大塚紀男、以下NSK)は、2011年4月11日(月)~16日(土)に北京市で開催される「第12回中国国際工作機械展覧会 CIMT2011(China International Machine Tool Show)」」へ出展します。

NSKは、CIMT2011の出展コンセプトとして「Your Real Partner.」を掲げ、お客様の期待以上のサービスとソリューションを提供していきたいという強い想いを込めました。NSKは、中国で工作機械のコア部品である軸受、ボールねじ、リニアガイド、スピンドル、メカトロ製品の5つの要素部品を製造・開発している唯一のメーカーとしての総合技術力をベースにした、きめ細かい販売サービスで、お客様のさらなるご期待にお応えします。

NSKブースについて

中国の工作機械市場は、2009年度に生産額世界一になっています。その後も拡大を続け、工作機械業界にとっては、世界有数の重要なマーケットとなっています。

今回、NSKブースでは、工作機械に使われる精密軸受、ボールねじなどの精機製品を中心に、製造装置の高速化、高精度化、長寿命化を満足する高機能シリーズ、また機械の信頼性を支える製品および技術を展示します。また、期間中、展示会場では、NSKの軸受と精機など製品についてのセミナーも同時に開催します。

主な展示物

ほか

展示会概要

名称 第11回 「第12回中国国際工作機械展覧会(CIMT2011)」
主催 中国机床工具工業協会
会期 2011年4月11日(月)~4月16日(土)
開催時間 9:00~16:30
会場 中国国際展覧中心(新館) 北京市順義区天竺裕翔路88号
出展ブースNo. W1-C101
出展社数 約1,500社(工作機械メーカー、工作機械部品メーカー等)
来場予想数 250,000人
関連ページ http://www.cimtshow.com/

NSKについて

NSKは、Motion & Controlを事業基盤とし、軸受やボールねじなどの精機製品の分野において、90年以上の歴史をもつ、世界有数のメーカーです。近年、機械(メカ)とエレクトロニクスを融合させたメカトロ製品にも注力しています。開発・設計、生産、販売、アフターサービスまで、世界28カ国、200カ所余にわたり拠点ネットワークを構築し、世界中のお客様の多様なニーズに迅速かつ的確にお応えし、ソリューションを提供しております。今後も世界をリードする総合的な技術力・サービス力で、お客様のご期待にお応えします。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。