産業機械事業(精機製品)およびステアリング事業の強化

技術拠点の再編による開発力向上・ステアリング生産体制の強化

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、「NSKプレシジョン(株)」前橋精機プラント(群馬県前橋市、以下NPJ前橋)のボールねじの生産移管にともない、NPJ前橋を電動パワーステアリング(EPS)等のステアリング事業の生産拠点および技術開発拠点として活用すること、および前橋地区で現在行っている精機製品(直動製品)の開発・設計機能を、NSK全製品の基盤技術や製品の開発・設計の中核拠点(ステアリング以外)である神奈川県・藤沢地区に移設することを決定致しました。

産機事業(精機製品)の強化-精機製品開発力の強化

ボールねじの九州地区および中国・瀋陽市への生産移管にともない、NSKは、産機事業における精機製品の収益体質強化策の一つとして、精機製品の技術拠点を、軸受、メカトロ製品、システム製品などの技術拠点が集中している神奈川県藤沢市へ移設致します。

これにより、NSKの他の技術を精機製品(直動製品)の技術と融合させるなど、最大限活用することが可能になり、技術革新に対応する製品や様々な技術を複合させた製品などの開発・設計の推進や、技術サービス向上を図ります。

ステアリング事業の強化

(1) ステアリング技術開発力の強化
現在、前橋市内の2カ所に分散しているステアリング事業の日本国内の技術開発拠点を同市内の鳥羽地区の1カ所に集約します。メカ、電気・電子、ソフトの各開発部門の連携を強化し、ステアリング事業の技術開発のスピードアップを推進致します。
(2) ステアリング事業の生産増強
NPJ前橋に省人化や自働化を実現した効率的な生産ラインを構築し、グローバルに拡がるステアリング生産拠点のマザー工場として、高度なモノづくりに挑戦致します。今後、日本国内の3カ所のステアリング生産拠点では、より柔軟な生産体制が可能になり、グローバルなEPS需要の増加に迅速に対応致します。

上記計画については、2011年度末の実施を目指し、ステアリング事業と産機(精機製品)事業の更なる成長と収益体質の強化を目指します。

【ご参考】

ボールねじ事業の主な拠点

生産拠点
  • NSKプレシジョン(株)前橋精機プラント (群馬県前橋市鳥羽町)
  • 日本精工九州(株) (福岡県うきは市)
  • 瀋陽NSK精密機器有限公司 (中国瀋陽市)
  • NSKプレシジョンアメリカ Inc. (米国インディアナ州)
技術拠点
  • NSKプレシジョン(株)精機技術センター (群馬県前橋市鳥羽町)

この他、欧州、米国、中国でボールねじの技術開発を実施。

ステアリング事業の主な日本国内拠点

生産拠点
  • NSKステアリングシステムズ(株) 総社プラント (群馬県前橋市総社町)
  • NSKステアリングシステムズ(株) 赤城プラント (群馬県前橋市飯土井町)
技術拠点
  • 日本精工(株)ステアリング技術センター (前橋市総社町、前橋市鳥羽町の計2拠点)

この他、欧州、米国でステアリングの技術開発を実施。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。