日本精工と東芝、自動車用ステアリングシステム開発の合弁会社設立について

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)と株式会社 東芝(代表者:代表執行役社長 佐々木 則夫、本社:東京都港区、以下、東芝)は、自動車用ステアリングシステムの開発を目的とした合弁会社、「株式会社ADTech」(エーディーテック)を設立し、業務を開始しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

自動車技術に大きな構造変化をもたらすEV化、HEV化等自動車の電動化進展に伴い、ステアリングシステムにおいても電動化への需要が急拡大しています。同システムには高度な安全性や信頼性が求められ、機器の小型軽量化、省電力化というニーズも高まっています。

両社はこうした自動車用ステアリング分野の事業環境変化に対応するため、機械技術含め、NSKの車載システムにおける安全技術・経験と、東芝の高度なエレクトロニクス技術とソフトウェア技術を融合させ、自動車ステアリングシステムの効率的な開発を目指す合弁会社を9月30日に設立し、本格的に業務を開始しました。

◆新会社概要

会社名 株式会社ADTech (エーディーテック) (英名 ADTech Corporation)
代表者 代表取締役社長 元田 和貴(もとだ かずたか)
所在地 東京都品川区大崎一丁目6番3号
設立 2010年9月30日
事業内容 自動車の電動化対応の車載安全システムの開発等
従業員数 約60名
資本金 2億円
出資比率 NSK 51%、東芝 49%

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。