自動車用変速機向け「樹脂保持器付き次世代円すいころ軸受」を開発

~ 新型樹脂保持器の採用で高効率化と高信頼性を両立 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、自動車用変速機*1に用いられる円すいころ軸受の摩擦損失を低減させた「樹脂保持器付き次世代円すいころ軸受」を開発しました。NSKは、燃費向上に貢献する高機能製品として拡販を図り、2015年に売上10億円を目指します。

*1 自動車変速機: デファレンシャルやトランスミッションなど、動力を伝達する装置
自動車用変速機向け「樹脂保持器付き次世代円すいころ軸受」

【開発の背景】

近年、自動車の更なる燃費向上のため、自動車用変速機向け軸受には摩擦損失の低減などの効率向上が求められております。また、攪拌抵抗が少ない低粘度トランスミッション油の採用、更にハイブリッドカーではモータのみで走行する際にオイルポンプが作動しないなど、軸受には潤滑が希薄な過酷環境下への対応を求められています。

【製品の特長】

本製品は、NSK独自の樹脂保持器を採用し、複雑な形状が可能な樹脂の特性を活かして、以下の優れた特長を実現しています。

  1. 内部空間の極小化により、軸受内部への不要な潤滑油の流入を防止し、攪拌抵抗を抑制します。
  2. 保持器内部にオイルプール(油溜め)を設け、ころ摺動部へ潤滑油を安定供給し、潤滑を向上します。
  3. NSK独自の解析技術を用い、強度確保を図りました。
  4. 保持器の材質には、使用環境・用途に合わせ、ナイロン66樹脂、ナイロン46樹脂に加えて、添加剤及び高温に対する耐力が高いL-PPS*2樹脂の3種類をラインナップしました。
*2 L-PPS: 直鎖型ポリフェニレンサルファイド

【製品の効果】

  1. 摩擦損失を従来比20%低減
  2. 潤滑油の低粘度化、少油量化に対応
  3. 信頼性の向上

開発品の特長

樹脂保持器を用い、高機能化を実現したブレイクスルー技術

攪拌抵抗の低減(特長1)

攪拌油量の制御

潤滑性の向上(特長2)

油排出側の油流の制御

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。