オートマチックトランスミッション用「超寿命ピニオンシャフト」を開発

~ 超寿命化による小型・軽量化を実現 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、オートマチックトランスミッション(以下、AT)のプラネタリ(遊星)機構向けに、従来品に比べて長寿命化を実現した「超寿命ピニオンシャフト」を開発しました。本製品は、同一条件では、従来比20%の小型・軽量化を可能にし、更に過酷な使用環境に対応します。これにより、本製品は、ATやハイブリッドカー(以下HEV)、無段変速機(以下、CVT)など変速機の効率向上に貢献します。NSKは、2015年に本製品の売上として、20億円を目指します。

オートマチックトランスミッション用「超寿命ピニオンシャフト(SHX3)」

【開発の背景】

近年、更なる燃費向上のため、変速機用軸受には小型・軽量化が求められています。また、摩擦損失となる攪拌抵抗が少ない低粘度ATオイルの採用、HEVではモータのみで走行する際にはオイルポンプが作動しないなど、変速機用軸受には潤滑が希薄な過酷環境への対応も求められています。更には、ATでは変速ショック低減や動力の伝達効率を高めるため多段化が進んでおり、変速機用軸受には高速回転への対応も求められています。

本製品はNSKオリジナルのSHX3材に専用熱処理を施し、耐久性疲労強度の向上と熱変形曲がりを抑制し、従来比2.5倍以上の超寿命を可能にしました。

【製品の特長】

従来比20%の小型・軽量化を実現
同一条件では、従来比20%の小型・軽量化が可能になります。
過酷環境への対応
従来品を大幅に上回る過酷な使用環境に対応します。
  • 希薄潤滑への対応: 必要な最低油量は従来品の100㏄/minから50㏄/minに半減
  • 耐熱性の向上: 使用可能な最高温度は従来品の120℃以下から150℃以下へ向上
  • 高速回転への対応: ケージ&ローラ化により、総ころ仕様に比べて3倍以上の最高回転数に対応(12,000rpm → 38,000rpm)

【製品の効果】

本製品は、小型・軽量化に加えて、攪拌抵抗が少ない低粘度オイルへの対応、オイルポンプの小型化に伴う過酷潤滑に対応することで、燃費向上に貢献します。更には、多段AT、HEV、CVTなどの高速回転化にも対応します。

ピニオンシャフトの更なる超寿命化のための技術
まとめ:ピニオンシャフトの超寿命化による効果

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。