「汎用高負荷容量シールド付き深溝玉軸受」を開発

~ 定格疲れ寿命2倍、機械のサイズダウンに寄与 ~

NSKは、モータ減速機、産業ポンプ、農業機械、ドラム式洗濯機向け等、高い負荷容量が要求される軸受として「汎用高負荷容量シールド付き深溝玉軸受」を開発し、サンプル出荷を開始しました。

汎用高負荷容量シールド付き深溝玉軸受

重荷重で使用される軸受では、長寿命化のため軸受の定格荷重を上げたいというニーズが高まっております。しかし、機械の内部スペースが限られているため軸受サイズの拡大が難しいケース、更には省エネのため軸受サイズの大型化による摩擦損失*1を増やしたくないという要求もあります。

NSKは、これらの要求にお応えする以下の優れた特長を持つ「汎用高負荷容量シールド付き深溝玉軸受」を開発しました。本製品により、長寿命によるメンテナンス性の向上、低トルク化による省エネに貢献し、2011年度に2億円の売上を目指します。

*1 摩擦損失: 軸受を回転させたときの抵抗

【製品の特長】

同サイズで動定格荷重を従来比最大26%UP
超大径ボールを使用しながら玉数を可能な限り増やしました。
薄型シールド板の採用
取り扱いが容易な密封タイプグリース封入品を実現するため、超大径ボールに対応した新開発の薄型シールド板を装着し、高負荷容量を実現しながらも従来品と同じサイズに抑えました。

【製品の効果】

長寿命化によりメンテナンス性を向上
寿命を従来比で最大2倍に向上しました。
機械のコンパクト化・低トルク化により省エネに貢献
開発品は標準品と動摩擦損失を同等に抑えることで内径1サイズUP品に対し動摩擦損失を30%低減しています。
特長
寿命
動摩擦損失

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。