「ローラガイドRAシリーズ 微予圧品」 を発表

~ 液晶製造設備、搬送装置に最適 ~

NSKは、あらゆる産業に用途が拡大しつつあるローラガイドRAシリーズに新たに微予圧品を開発し、販売を開始します。

トランスミッション用「超低フリクション密封クリーン玉軸受」

NSKは、工作機械を中心とした長寿命と高剛性の要求に対応して、2003年に「NSKローラガイド RAシリーズ」を開発し、市場より高い評価を受けております。

近年、液晶製造設備や搬送装置でも、大型化や長寿命のニーズにより、ボールガイドから負荷容量の大きいローラガイドへの切り替えが進んでいます。このような市場では、工作機械用途と比べ要求走行距離は7倍以上であり、更なる長寿命が求められています。一方、外部荷重は工作機械用途ほど大きくなく、変動荷重も小さいため、剛性に対する要求は工作機械ほど高くありません。

ローラガイドには剛性を高めるために予圧が与えられています。予圧荷重が大きいほど高剛性を実現できますが、必要以上の予圧は寿命に影響を与えることになります。

液晶製造設備や搬送装置の更なる長寿命化ニーズに対応するため、予圧荷重を最適化した「微予圧品」を開発し、ローラガイドRAシリーズに追加しました。

NSKは、本製品の販売を2010年1月から開始し、2011年にはローラガイド全体で30億円の売上を目指します。 また、本製品を12月2日から4日まで開催される 「セミコン・ジャパン2009」 に出展します。

【製品の特長】

予圧の最適化と長寿命化の実現
予圧荷重を従来のローラガイドRAシリーズに比較して1/3~1/2とし、液晶製造設備や搬送装置の長寿命化に貢献します。
部材の変形を考慮した内部寸法設定と転走面加工精度の向上により、転動体接触状態の最適化を図り、微小予圧領域でも転動体の負荷分布を均一にする事で、所定の予圧・剛性を正確に管理し長寿命化を実現しました。
滑らかな作動性
正確な予圧管理により、均一で安定した滑らかな作動性を実現しました。
豊富なラインナップ
RA15・20・25・30・35・45・55・65の8型番、全44形式の幅広いラインナップ。

【用途例】

液晶製造設備、各種搬送装置等の幅広い用途にお応えします。

【環境対応】

本製品は環境負荷物質をまったく使用せず、環境にやさしい製品となっています。

市場のニーズとRA微予圧品の開発背景
RA微予圧品の課題と技術背景
RA微予圧品の機能特性と仕様

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。