中国における子会社設立に関するお知らせ

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、2009年7月30日開催の取締役会において、下記のとおり中国での子会社設立について決議しましたのでお知らせいたします。

1. 設立の目的

当社は、中国など新興国でボールねじ・リニアガイド等精密機器関連製品市場の成長が見込まれることから、中国に生産子会社を設立いたします。これにより、当社は中国のみならずグローバル市場に向けて、品質とコスト競争力に優れた製品をタイムリーに安定供給し、精密機器関連製品事業の拡大を図ります。

2. 子会社の概要

社名 瀋陽恩斯克精密機器有限公司
(英文社名:SHENYANG NSK PRECISION CO., LTD.)
代表者 董事長 小林 秀一(日本精工九州株式会社 代表取締役社長)
所在地 中国 遼寧省瀋陽市瀋陽経済技術開発区内
設立時期 2009年8月(予定)
事業内容 精密機器関連製品の製造・販売等
従業員数 約600名
資本金 35百万米ドル(約35億円)
出資比率 当社100%
工場規模 敷地面積 約70,000m2
建築面積 約36,000m2(予定)
操業開始 平成22年4月(予定)

3. 今後の見通し

今回の子会社設立が当期の連結業績に与える影響は軽微です。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。