「ハイブリッドカー専用低トルク玉軸受」を開発

~ ハイブリッドカーのさらなる燃費改善に貢献 ~

NSKは、従来に比べて、30~45%摩擦損失を低減した「ハイブリッドカー専用低トルク玉軸受」を開発しました。NSKは、燃費性能の高さや環境意識の高まりから需要が伸びているハイブリッドカー向けの本製品の拡販を図り、2013年に売上30億円以上を目指します。

ハイブリッドカー専用低トルク玉軸受

近年、エンジンとモータを効率良く組み合わせることで低燃費と低排出を実現したハイブリッドカーは、急速に需要が高まっております。新世代ハイブリッドカーの変速機(駆動部)に使われる軸受には、更なる燃費改善のため、損失トルク低減(低トルク化)のニーズが高まっています。

NSKは、ハイブリッドカーの燃費改善に大きく貢献する『ハイブリッドカー専用低トルク玉軸受』を開発しました。本軸受は、摩擦損失を30~45%程度低減することで、燃費効率改善に大きく貢献します。NSKは本製品をトヨタ自動車の新型「プリウス」への搭載を皮切りに、今後国内外の自動車メーカーのハイブリッドカーへの拡販を図ります。

【製品の特長】

従来、困難と思われていた玉軸受のさらなる損失トルク低減という課題に対して、本製品は、下記により弊社従来品に対して30~45%の大幅な低トルク化を達成しました。

◆内部設計の最適化
解析技術を駆使することで、玉数を大幅に減らし、玉径・溝寸法・すきまを最適化し、転がり摩擦の損失を低減させました。製造面においても、工法を工夫することで、従来難しいとされていた玉数を大幅に減らすことに成功しました。
◆低トルク保持器採用
特殊形状の樹脂製保持器を採用することで、回転中の潤滑油の撹拌による損失を大幅に減少させました。

NSKは、90年に渡って培われたNSKの4コアテクノロジー(トライボロジー、材料、解析、メカトロ技術)により、自動車の小型・軽量・低トルク化を実現し、自動車の燃費を向上する製品の開発を今後も進めてまいります。

ハイブリッド車向け低トルク玉軸受
開発品の特徴 ~ 内部設計の最適化
開発品の特徴 ~ 低トルク保持器採用
まとめ

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。