世界初*1の機電一体コラムタイプ電動パワーステアリング(EPS)を開発

~ 世界最短*1、軽量・コンパクト化と高出力を両立、燃費も低減 ~

NSKは、ステアリングのECU*2などのメカトロニクス機構とブラシモータ*3を一体化した世界最短、軽量・コンパクトで且つ高出力なコラムタイプ電動パワーステアリング(以下コラムタイプEPS)を開発しました。

コラムタイプ電動パワーステアリング

電動パワーステアリング(EPS)は従来の油圧式パワーステアリングに比べ、燃費やステアリング制御機能に優れているため、大型車から小型車まで世界中で普及が進んでいます。近年、日本や欧州においては環境意識の高まりや、特に欧州において駐車スペースの確保のし易さから、従来に比べて格段に全長が短い小型車が登場しています。一方、新興国においてはモータリゼーションの進展を背景に、従来よりも一段と小さなクルマが登場しています。

本開発品は、ブラシモータとECU、トルクセンサ基板、ギヤボックスやトルクセンサコイルのメカトロニクス部の全てを一体化した機電一体システムの採用により、世界で最も短く、軽量・コンパクトなコラムタイプEPSを実現し、低燃費や車両の小型化に貢献します。

NSKはトヨタ自動車(株)の小型車「iQ」への本製品の採用を皮切りに、この機電一体型のコラムタイプEPSを日本、欧州、BRICsなどで今後益々需要が高まるコンパクトカー向けの戦略商品として、拡販をしていく計画です。今後世界的に進むクルマの小型化を支え、2010年までに年間50万本以上の販売を目指しています。

*1 2009年1月、NSK調べ
*2 ECU: Electronic Control Unit、ステアリングの電子制御を行う装置
*3 ブラシモータ: ブラシ(整流子)で電流を切り替えることで、コイルが回転するモータ

【製品の特長】

世界最短のコラムタイプEPS
ECUの発熱の低減と熱伝導解析に基づく放熱性を高めた設計により、トルクセンサ回路をECU制御基板に内蔵しました。軽量・コンパクトで、全長が極めて短い車種への搭載を可能にしました。
軽量化と高出力の両立と燃費低減への貢献
モータとECU、トルクセンサを一体化したことで従来比12%軽量化し、更にエネルギー効率を6%向上しました。軽量化とエネルギー効率向上により、燃費低減に貢献します。また、高出力ブラシモータの採用により従来に比べて出力/重量比で約60%アップし、軽量・コンパクト化と高出力を両立しました。
操舵性の向上
軽量・コンパクトながら、欧州市場要件を満たす高度な制御機能に対応可能です。
現行コラムタイプEPSの構造
小型・軽量コラムタイプEPSの構造
小型・軽量コラムタイプEPSの特長

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。