「薄型大トルク メガトルクモータ™ PNシリーズ」を発売

~ メガトルクモータのラインナップ拡充!高トルク、薄型、高剛性、高分解能に対応 ~

NSKは、インナーロータ型「薄型大トルク メガトルクモータPNシリーズ」3機種を発売します。これにより、すでにご好評いただいているPSシリーズと合わせて、メガトルクモータのラインナップを11機種に拡充し、高速・小径の用途から、高トルク・薄型の用途まで、幅広くお応えします。

薄型大トルク メガトルクモータ™ PNシリーズ

半導体・液晶・太陽電池や電子部品などの製造装置業界では、アジア地域を中心とした新興国の進出により競争が激化しており、設備のさらなる生産性向上と省スペース化の両立が求められています。

NSKではこのニーズにお応えするため、中軽量物の高速搬送・位置決め向けとしてPSシリーズ、及びPN2012を販売し、ご好評をいただいております。

今回、以下の特長を持つ「薄型大トルク メガトルクモータPNシリーズ」を開発し、従来のニーズに加え、大物重量物の高速搬送・位置決め用途にお応えします。本製品は、さらに医療分析機や自動車部品設備などの一般自動組立機をはじめ、幅広い産業に貢献いたします。

PNシリーズの販売は2009年4月から順次開始し、2011年に15億円の売上を目指します。また、2008年12月3日(水)~12月5日(金)に開催される「セミコン・ジャパン2008」に出品いたします。

【製品の特長】

独自の内部構造により、薄型・高剛性を実現
当社従来比で最大32%の薄型化(125mm ⇒ 85mm)を実現し、モーメント剛性25%UPを両立したことで、装置の小型化、軽量化に貢献します。
高トルクにより、位置決め時間の短縮が可能
当社従来比でトルクを最大50%UP(120Nm ⇒180Nm)させたことで、位置決め時間の短縮を可能とします。また、最適な巻線設計により低発熱での駆動を可能としました。装置の生産性向上に貢献します。
実績あるレゾルバを採用し、高分解能用途への適用が可能
262万分割/回転の高分解能と90秒の絶対位置決め精度を確保、装置の高精度化に貢献します。
欧州RoHS指令対応
欧州RoHS指令に適合、環境にやさしい装置の実現に貢献します。

開発の背景

NSKでは現在、高速性と高分解能、省設置面積を実現したアウターロータ型PSシリーズと、モータの高さを極限まで低くしたインナーロータ型の超薄型PN2012型モータを販売しております。今回、これらのモータで培った技術をベースにさらなる高トルク、高剛性の用途に適応できるインナーロータ型「薄型大トルク メガトルクモータ PNシリーズ」を開発しました。

アウターロータ型: モータの外周部が回るモータで、小径で中軽量物の高速搬送に適しています。
インナーロータ型: モータの内周部が回るモータで、高剛性で大物・重量物の搬送に適しています。
新商品の位置づけ -メガトルクモータのシリーズ展開-
新商品 PNシリーズの仕様一覧
位置決め特性 -参考例 重量物の180°位置決め-

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。