射出成形機の「エジェクタ機構*1向け高荷重用ボールねじシリーズ」を商品化

~ 専用ボールねじ設計により装置のコンパクト設計に貢献 ~

NSKは小型射出成形機の「エジェクタ機構向け高荷重用ボールねじシリーズ」を開発し、商品化します。

*1 エジェクタ機構:成形した製品を金型から突き出す機構

エジェクタ機構向け高荷重用ボールねじシリーズ

本開発品は、射出成形機のエジェクタ機構に最適な小型で高い荷重を受けられるボールねじであり、エジェクタ機構の小型化に貢献します。更に薄型の接触式シールの採用により、ねじ軸の回転によるグリース飛散量を大幅に低減しました。

NSKは、2009年2月から本開発品の販売を開始し、2011年に2億円の売上を目指します。また、本開発品を2008年11月7日(金)~11月11日(火)に幕張メッセにて開催される「IPF(国際プラスチックフェア)2008」に出品します。

【製品の特長】

高負荷容量化によるサイズダウン(射出成形機エジェクタ機構の小型化に貢献)
従来使用されていた転造ボールねじに対して高精度な精密ボールねじを採用し、加えてねじ溝設計の最適化を行いました。これによりボールねじの負荷容量が大幅に向上し、ねじ軸径を30%小型化できました。射出成形機のエジェクタ機構の小型化に貢献します。
軸端形状の標準化と専用軸受の採用
ねじ軸径の30%サイズダウンに合わせ、軸端形状の標準化を行いました。軸径が小さくなると軸端径も小さくなり取り付け可能な軸受の負荷容量も小さくなります。
この課題に対してNSKでは軸径が小さくなっても同等の負荷容量を持った専用軸受を本製品に合わせて開発しました。この軸受とボールねじの組合せによりエジェクタ機構のサイズダウンが可能となります。
グリース飛散量の低減
エジェクタ機構は射出成形機の扉の横に設置されることが多く、ねじ軸から飛散したグリースが成形品確認用の窓を汚すことがありました。今回、薄型接触式シールの採用により、ナットから漏れるグリース量を低減し、軸回転によって発生するグリース飛散を低減しています。

【開発の背景】

NSKでは、1996年に業界で初めて高負荷用ボールねじ「HTFシリーズ」を発表し、その後、射出速度の高速化に対応するため、2005年に射出軸に最適な高速・高負荷用ボールねじ“HTF‐SRCシリーズ”、生産性の向上に必要な型開閉速度の高速化に対応するため、2006年に高負荷用大リードボールねじ“HTF-SRDシリーズ”を発表しました。また2007年には、グリースの保持性能を飛躍的に向上したグリース密封形A1シリーズを商品化しています。

今回エジェクタ軸用に小型で高負荷容量、更にグリース飛散の少ないボールねじをシリーズ化することで、射出成形機の全ての部位に最適なボールねじを提供することが可能となりました。

射出成形機の部位とエジェクタ機構に求められる機能
特長:高負荷容量
特長:グリース飛散量の低減

本製品について詳しくお知りになりたい方はこちら

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。