工作機械主軸用に高精度・低摩擦・高速を実現した「新型保持器付きロバストアンギュラ玉軸受」を開発

~ NRRO*1従来比1/2、発熱20%低減を達成 ~

NSKは、工作機械主軸用のロバスト軸受シリーズに、高精度・低摩擦・高速を実現した「新型保持器付きロバストアンギュラ玉軸受」を新たにラインナップしました。本開発品は、高速回転時のNRRO*1の半減、発熱の20%低減、主軸の回転非同期振れの低減を可能とし、金型加工等において高精度で滑らかな仕上げ面を実現します。

*1 NRRO (Non-Repeatable RunOut): 回転振れ精度として1回転毎に繰り返しのない回転振れ

新型保持器付きロバストアンギュラ玉軸受

NSKは、本製品を2009年1月から販売し、ロバスト軸受全体として2011年に50億円の売上を目指します。また、10月30日(木)~11月4日(火)に東京ビッグサイトにて開催される「日本国際工作機械見本市 JIMTOF2008」に出展し、動展示を行います。

工作機械主軸用軸受には、高速回転、高剛性、高精度回転および環境配慮型設計が要求されています。回転精度では、1回転毎の振れ(回転同期振れ RRO)はもちろんのこと、1回転毎に繰り返しのない振れ(回転非同期振れ NRRO)を小さくする要求が特に強まってきました。一方、さらなる高速・低発熱化の強いニーズがあります。

NSKは、高速回転、低発熱、高剛性の点で通常の主軸用軸受よりも優れているロバストアンギュラ玉軸受をすでに販売しておりますが、今般、新外輪案内保持器を採用することで、高速回転時のNRROの半減、発熱の20%低減を実現した「新型保持器付きロバストアンギュラ玉軸受」を開発し、工作機械の生産性向上、環境対応に貢献します。

【製品の特長】

高精度な回転を実現
  • 新外輪案内保持器“TS”を採用することにより、保持器の回転中の遠心力による振れ回りを抑制・低振動化し、軸受サイズ70mm、12,000min-1の高速回転域において、NRRO値を当社従来比1/2にしました。
  • 高精度化により主軸回転精度が向上し、精密部品表面、金型切削面などにおいて高精度で滑らかな仕上げ面が得られます。
低温度上昇、高速化を実現
  • 高速回転時の発熱を当社従来比20%低減しました。
  • 新型保持器を用いることで軸受の温度上昇を20%低減し、軸受サイズ70mm、33,000min-1(dmn 300万)を実現しました。
低NRROを実現
低温度上昇を実現

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。