「小型・高信頼性駆動輪用ABSセンサ内蔵ハブユニット軸受」を開発

~ BRICs市場を考慮した高信頼性、小型駆動輪用ABSセンサ内蔵ハブユニット軸受 ~

NSKは、駆動輪用のハブユニット軸受*1に小型で高信頼性を確保したアクティブ型ABSセンサ*2を内蔵したハブユニット軸受の開発をしました。本製品を加えることによってNSKハブユニット軸受のラインナップ充実を図り、2013年グローバル売上高1,100億円を目指します。

*1 ハブユニット軸受: タイヤホイールに取り付ける部品と車体へ取り付ける部品を一体化したユニット軸受

*2 アクティブ型ABSセンサ: 半導体素子(IC)を使用したABSセンサ。(特長:小型、デジタル信号化により低速回転域の検出が可能・耐ノイズに優れる)

小型・高信頼性駆動輪用ABSセンサ内蔵ハブユニット軸受

【製品の特長】

優れた耐環境性を達成

乗用車の駆動輪におけるABSセンサは、ナックルに固定されるのが一般的です。また、エンコーダは軸受に内蔵されています。センシング部分(ABSセンサとエンコーダ)は、外部環境に曝され泥水が掛かる状態で使用されております。

本製品ではセンサと軸受回転部分の間にシールを設け、センシングする空間を外部環境と分離したことにより高い信頼性を達成することが出来ました。今後、市場が拡大するBRICs地域などの厳しい環境条件でも十分な信頼性を確保することが出来ます。

小型化設計を達成

本製品ではアクティブ型ABSセンサを円環状の金属キャップ内に配置し、ハブユニット軸受外輪の車体内側インロー部に固定することにより、軸方向寸法が小さく設計することが出来ました。

これにより、

  1. 従来のセンサスペース部にセンサを配置することが可能となり、周辺部品の大きな設計変更無く、本開発品への置き換えが可能となります。
  2. センサをハブユニット軸受に内蔵しているため、従来カーメーカーで行っていたセンサの調整組み付けを行う作業が不要となります。
  3. ナックルへセンサを取り付けるための高精度の穴加工やネジ加工も不要となります。
  4. ハーネスがナックルの車体内側から取り出せるため、従来と同じハーネスの取り回しが可能となります。
ABSセンサ内蔵ハブユニット軸受イメージ

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。