中国・四川省大地震による被害に対する救援金について

日本精工株式会社(本社/東京都品川区 取締役 代表執行役社長 朝香聖一、以下NSK)はNSKおよびNSKグループで、四川省で発生した大地震の被災者救済や復興支援に対する救援金として、グループ全体で3,000万円を寄付することを決定しました。

被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

また、現地法人NSK中国からも、20万元(約300万円)の救援金を寄付しています。
この他にNSK・日本精工労働組合・日本精工福祉基金合同により、日本国内従業員に対して募金活動を行う予定です。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。