第56回朝日広告賞「準朝日広告賞(準グランプリ)」を受賞しました

朝日新聞社主催の「2007年 朝日広告賞」の贈呈式が4月9日に有楽町朝日ホール(マリオン11階)で行われ、NSKの2007年度企業広告シリーズが準朝日広告賞(準グランプリ)を受賞しました。受賞対象となったNSKの広告は、2007年5、6、7、9、10、11月に掲載した新聞広告6点です。

今回は、「紙という二次元の枠を超えて新聞自体の可能性を広げる、バラエティーに富んだ作品の中から、大胆な発想で読者に新しいアイデアを示唆するような作品」が受賞作品として選ばれました。その中でNSKの企業広告は、各国語のリポート形式でその国の生活を紹介する作品で、「グローバルな視点から一人ひとりに語りかけてくる広告である。」との審査講評をいただき、今回の準朝日広告賞受賞となりました。

今後もNSKの製品・技術による社会貢献や、企業姿勢を多くの方に知っていただくためのコミュニケーションツールとして、企業広告づくりをしていきたいと考えておりますので、引き続き温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

【関連リンク】

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。