日系軸受メーカーとして初めて、インドで工場を建設し軸受を生産

~ インドの地場企業と合弁で ~

日本精工株式会社(本社/東京都品川区 取締役 代表執行役社長 朝香聖一、以下NSK)とABC Bearings社(本社/インド ムンバイ(Mumbai)市 取締役社長 プラディップ パテル(Pradip Patel)、以下ABC)は、チェンナイ市近郊に軸受の工場を完成させ、2月15日に開所式を行いました。

NSKはABCに対し、1998年から軸受の技術支援を行っていましたが、この度、両社はインド経済の急成長により拡大している自動車生産に対応するため、自動車用軸受を生産する合弁会社を設立しました。

今回の合弁事業は、NSKにとってはグローバル化する日系や外国資本系ユーザーの現地調達ニーズに対応しての拡販を狙ったもので、ABCにとってはインド地場ユーザーへの拡販を意図したものです。

合弁会社概要
会社名 NSK-ABC Bearings Ltd.
資本金 5億インドルピー (13億円)
出資比率 NSK:75%   ABC:25%
所在地 インド タミルナドュ(Tamil Nadu)州
シップコット工業団地(SIPCOT Industrial Park, Sriperumbudur)
(チェンナイ市近郊)
土地面積 80,000m2
建築面積 7,000m2
稼動開始 2008年2月
事業内容
軸受の生産
HUBユニット軸受、トランスミッション用玉軸受、
電磁クラッチ用軸受 等
投資規模 第一次分として5億インドルピー(13億円)
2010年までに合計8億インドルピー(20億円)程度を予定

 

来賓・関係者による開所式
[来賓・関係者による開所式]

<NSKの概要>

NSKは、1916年に創立、国産第1号のボールベアリング(玉軸受)を世に送り出しました。以来数々のタイプの軸受を開発、世界各地に供給し、産業の発達、機械の進歩に大きく貢献しています。現在NSKは、軸受の分野で国内第一位、世界でも第3位のシェアを占めています。また、軸受の生産で培ってきた精密加工技術を利用し、早くから自動車関連製品、精機製品の分野に進出するなど、多角化を進めています。NSK、1960年代より海外にも積極的に進出し、今回のNSK-ABC Bearings Ltd.の設立によりNSKグループの生産拠点は13ヶ国、58ヶ所となります。

<ABCの概要>

ABCは、インドの中堅軸受メーカーで円すいころ軸受、円筒ころ軸受を中心に生産と販売を行っており、特に現地でのトラック向け円すいころ軸受のシェアは、50%を超えています。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。