米国「2007 Automotive Shareholder Value Award」部品メーカー部門の受賞について

日本精工株式会社(本社/東京都品川区 取締役 代表執行役社長 朝香聖一、以下NSK)は、米国の大手コンサルタント会社「Pricewaterhouse Coopers」と米国の有力自動車専門紙「Automotive News」が選ぶ「2007 Automotive Shareholder Value Award」において「Best shareholder return for 2004-2007」を受賞いたしました。

「2007 Automotive Shareholder Value Award」は、独自のTSR* Index(Total Shareholder Return)という指標を用いて、世界を代表するカーメーカー、部品メーカー、販売店を、投資家が得た利益の観点で評価するものです。

その中の部品メーカー部門において、NSKは2004年から2007年までの三年間で、株主価値を世界で最も伸ばしたメーカーと評価されました。NSKが本賞を受賞するのは今回が初めてです。

* TSR:(期末株価 - 期初株価 + 1株当り配当金)/ 期初株価
期の初めに株を購入した投資家が、実質的に何%の利益を得たか(損したか)を図る指標

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。