NSK標準在庫ボールねじ「コンパクトFA高精度シリーズ」を発売

~ クリーン環境での対応も可能 ~

NSKは、NSK標準在庫ボールねじ「コンパクトFA高精度シリーズ」の販売を開始します。

コンパクトFA高精度シリーズ

NSKは、主に半導体や液晶などの電子機器産業向けに高精度とクリーン機能を備えたボールねじ「コンパクトFA高精度シリーズ」を発売します。半導体製造装置や液晶製造装置などの高密度化や高精度化に伴い、ボールねじの高精度化へのニーズが高まっており、加えて製造装置の発塵対策が重要課題となっています。

このようなお客様からの要求にお応えするため、NSKは従来のNSK標準在庫ボールねじ「コンパクトFAシリーズ」を高精度化した高速・静音タイプの「コンパクトFA高精度シリーズ」を商品化します。本製品は、クリーン機能を備えたC3級の高精度ボールねじで、軸径3種類(10名番)をラインナップします。

NSKは本製品を2007年12月5日(水)~7日(金)に幕張メッセにて開催される「セミコン・ジャパン2007」に出品します。NSKは2008年2月から本製品の販売を開始し、2010年に3億円の売上を目指します。

NSK標準在庫ボールねじ「コンパクトFA高精度シリーズ」の特長は以下の通りです。

【製品の特長】

高速・静音・コンパクト
エンドデフレクタ循環方式を採用し、従来のチューブ式ボールねじに比べ振動・騒音は約1/2、ナット外径は約10~30%ダウンのコンパクトナットです。
従来に比べリード誤差及びトルク変動が約1/2
本シリーズはボールねじ精度としてC3級を採用し、高精度が要求される産業用途に対応可能としました。その結果、従来の「コンパクトFAシリーズ」に比べ装置の位置決めに不可欠なリード誤差は約1/2、予圧動トルクの変動幅は33~54%小さくし、トルク安定性を大幅に向上しました。
クリーンルーム用グリースにより低発塵
「NSK LG2グリース」を用いることにより、一般のリチウム系グリースに比べ発塵量を10分の1以下にしました。また従来、クリーン用途に使用されているフッ素系グリースに比べ、トルク安定性とグリースの耐久性、防錆能力を大幅に向上しました。
標準在庫即納品
高速・静音・クリーン機能を備えた高精度ボールねじとして、初めて標準在庫化し、納期短縮を可能としました。

【開発の背景】

NSKは2003年に高速・静音タイプのボールねじを開発し、「BSSシリーズ」として商品化しました。その後、高速・静音タイプとして、標準在庫ボールねじ「コンパクトFAシリーズ」、小型旋盤用「BSLシリーズ」、高負荷用「HTF-SRCシリーズ」・「HTF-大リードシリーズ」を発売し、好評を博しております。NSKは独自の高速・静音技術により、市場をリードする製品を提供してきました。

NSKは多くの産業に向けて、今後も高速・静音技術を活かしたソリューションを提供してまいります。

産業用ポンプ向け高機能複列アンギュラ玉軸受の特長(1)
産業用ポンプ向け高機能複列アンギュラ玉軸受の特長(1)

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。