コンパクトかつ軽量な新方式の電動式チルト・テレスコ調整ステアリングコラムを開発

~ 大型乗用車から小型車まで幅広い車種に搭載可能 ~

NSKは、コンパクトかつ軽量な電動チルト・テレスコ機構を新たに開発しました。これにより、電動式チルト・テレスコ調整機能付きのステアリングコラムを大型車から小型車まで搭載可能にします。

新方式電動式チルト・テレスコ調整ステアリングコラム

NSKは、本開発品を10月26日(金)(一般公開は27日(土))~11月11日(日)に幕張メッセで開催される「第40回 東京モーターショー 2007」に出展します。

【製品の特長】

コンパクト化・軽量化と高剛性化を満たした電動式チルト・テレスコ調整ステアリングコラムを実現
チルトとテレスコ用の2つのモーター駆動ユニットが連動して作動することで、電動式チルト・テレスコ調整ステアリングコラムをコンパクトで軽量にしました。また、この新機構は、従来それぞれ独立して直列に配置していたチルト駆動機構とテレスコ駆動機構を並列に配列することで可動部分を減らし、高い剛性と高い固有振動数*を兼ね備えております。これにより運転時の安全性・安定性の向上に貢献します。

* 固有振動数:ステアリングコラムが持っている共振周波数。これが高いとステアリングホイールの振動を防止することができる。

燃費の向上に貢献
ステアリングコラム自体の軽量化により、燃費向上に貢献します。さらには2個のモーターが相互にアシストし、かつ、駆動部の送りねじ機構のトルク伝達効率を向上することで、モーターの負荷を軽減し、モーターの総消費電力を従来比で40%削減しました。

【開発の背景】

電動チルト・テレスコ調整機能は欧米を中心に普及が始まり、日本においても高級車や大型車を中心に普及が進んでいます。 運転者の体格や嗜好により最適なハンドルポジションを電動で調整でき、快適な運転性を提供し、さらには乗降時にハンドルが自動的に退避する、運転者にやさしい機能です。

NSKは、電動式チルト・テレスコ調整機構によって実現されるこのような快適性や利便性を追求し、高級車や大型車から中・小型車までの幅広い車種へ展開することがこれからの自動車への貢献と考え、コンパクトで軽量な電動式チルト・テレスコ調整ステアリングコラムの開発をさらに進めてまいります。

構造がシンプルなリンク機構を採用し、チルト・テレスコを実現
コンパクト・最軽量電動チルト・テレスココラム
高剛性電動式チルト・テレスココラム

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。