ロボット向け高機能薄肉アンギュラ玉軸受を開発・商品化

~ クロスローラ軸受に比べて小型・低トルク、高剛性を実現し、ロボットの小型・軽量化、高速化に貢献 ~

NSKは、自動車・半導体などの製造分野で世界的に需要が増加している産業用ロボット(以下ロボット)向け軸受として、クロスローラ軸受に比べて小型・低トルク、高剛性を実現した高機能薄肉アンギュラ玉軸受を開発・商品化しました。

ロボット向け高機能薄肉アンギュラ玉軸受

自動車、半導体、一般加工/搬送などあらゆる産業で需要が急増しているロボットは、高い位置決め精度や小型・軽量化、高速性が要求されています。これらロボットの減速機・関節部には、従来からモーメント剛性*1の高いクロスローラ軸受が使用されていますが、クロスローラ軸受は摩擦トルクが大きく、高速回転に課題があります。また、半導体製造装置などの真空環境下での使用に対しては、潤滑寿命の延長が難しいという課題もあります。

NSKはこのニーズにお応えし、以下の優れた特長を持つ「ロボット向け高機能薄肉アンギュラ玉軸受」を開発・商品化しました。

*1 モーメント剛性: 軸を曲げるような力(モーメント荷重)が負荷された時の変形のしにくさを示したもの

【製品の特長】

摩擦トルクをクロスローラ軸受の1/2に低減、ロボットの高速化・省エネルギーに貢献
本製品は玉を転動体とした軸受を組合わせることにより、トルクをクロスローラ軸受の1/2に低減しました。また、内部設計の違いにより、グリース封入量をクロスローラ軸受よりも約1.7倍多くすることができました。これらにより、ロボットの高速化、省エネルギー、信頼性の向上に貢献します。
モーメント剛性はクロスローラ軸受の1.3~1.7倍を実現、ロボットの小型・軽量化に貢献
最適な軸受内部設計と予圧*2設定により、モーメント剛性が当社製クロスローラ軸受と比較し、1.3倍以上向上しました。これにより、
  • ロボットの高精度な位置決めが可能となります。
  • 軸受外径を小さくでき、ロボットの小型化に貢献します。
*2 予圧: 軸受を組付けたときに負のすきまとなるよう、あらかじめ内部応力を発生させて使用する状態
真空環境向けにはフッ素樹脂皮膜(V-DFO)技術の適用が可能
弊社の特殊環境用軸受で実績のある、フッ素樹脂皮膜技術を適用することで、真空環境(~10-7Pa)に対応することが可能です。これにより、ロボットの半導体製造用途への使用拡大に大きく貢献します。

NSKは、本製品を成長著しいロボット市場で拡販し、ロボット用軸受として2010年に年間で20億円の売上を目指します。

ロボット用高機能薄肉アンギュラ玉軸受により期待される効果

ロボット用高機能薄肉アンギュラ玉軸受
低トルクで長寿命・高い信頼性を持ちます
転動体に玉を使用しているため、クロスローラ軸受と比べ、滑り摩擦が非常に小さく、低トルクです。
また、グリース封入量を多く確保できる内部設計のため、長寿命・高信頼性となります。
ロボットの小型・軽量化に貢献します
同等モーメント合成の時、外径寸法をクロスローラ軸受より小さくすることが可能で、ロボットの小型・軽量化に貢献します。
大きなモーメント剛性が得られます
複列により作用点間距離が長く、更に予圧調整することで大きなモーメント剛性を得ることが出来ます。
真空環境への対応が可能です
IT関連産業で特に要求が強くなっている真空環境下でも、ステンレス鋼とフッ素樹脂皮膜(V-DFO)の採用により、真空環境対応が可能です。

本製品について詳しくお知りになりたい方はこちら

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。