平成19年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰のお知らせ

科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)受賞

日本精工株式会社(本社/東京都品川区 取締役 代表執行役社長 朝香聖一、以下NSK)の社員2名がこの度、文部科学省が審査・決定する平成19年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞いたしました。
科学技術賞は「工作機械主軸用軸受け材料の開発」で、平成17年度に社員4名が受賞しており、今回が2度目の受賞となります。

受賞件名
自動車補機用転がり軸受の長寿命化技術の開発
受賞者
磯 賢一 (いそ けんいち)
横内 敦 (よこうち あつし)
受賞理由

自動車の電装製品に欠かせないオルタネータや電磁クラッチ向けの転がり軸受(以下、軸受)は早期はく離(以下、白色はく離*1)が発生し、長寿命化のための技術の確立が課題となっていました。NSKは白色はく離が水素に起因する疲労現象であることと、水素の発生、移動、軸受鋼への侵入という白色はく離発生メカニズムにおいて、トライボケミカル反応(高温・高圧下で生じる化学反応)と静電気がその要因であることを明らかにしました。加えて、この発生メカニズムを遮断するためにナノテクノロジーを応用した長寿命化技術を開発しました。

軸受のグリース中のナノカーボン粒子*2がチェーンストラクチャー*3を形成し、導電性を与えることによって、蓄積した静電気を除電し、水素の影響を取り除く長寿命化技術を実現しています。これにより課題とされてきた軸受の白色はく離問題を解決することができました。

このグリースは、現在HABグリースとして製品化しており、電装部品メーカーで採用され自動車に使用されています。HABグリースは自動車の信頼性を向上することでLCA(ライフサイクルアセスメント)を通じた環境負荷低減に大きく貢献しています。

*1 白色はく離: 白色組織変化を伴い、計算寿命の約1/10~1/20 で発生する早期はく離
*2 1ナノメートル: 10億分の1メートル
*3 チェーンストラクチャー: 粒子が鎖状に繋がった構造

参考:科学技術分野の文部科学大臣表彰について

科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とする科学技術分野の表彰制度。 顕著な功績をあげた者に贈られる科学技術者賞を始め、若手科学者賞、創意工夫功労者賞、創意工夫育成功労学校賞などの各種表彰が行われている。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。