工作機械主軸用に超高速アンギュラ玉軸受「スピンショット™II」を開発

~ オイルエア潤滑、定圧予圧にて世界最高速*1、毎分40,000回転を実現 ~

NSKは、工作機械主軸用として毎分40,000回転の高速回転を可能にした超高速アンギュラ玉軸受「スピンショットII」を開発しました。

超高速アンギュラ玉軸受「スピンショットII」

機械加工の高効率化や加工精度の向上のために、工作機械主軸の高速化が進んでいます。高速回転領域では、オイルエアによる潤滑が主流となっている中、金型加工や航空機部品の加工などの分野でさらなる超高速回転のニーズが高まっています。しかし、従来のオイルエア潤滑では、超高速回転時のエアカーテンの発生により、潤滑油が軸受内部に入りにくくなり潤滑不足になるということ、オイルエア潤滑特有の風切り音が発生するなどの課題がありました。
この度、NSKは、実績のあるオイルエア潤滑技術を進化させた、超高速アンギュラ玉軸受「スピンショットII」を開発し、世界最高速の毎分40,000回転の実用化に成功しました。

*1 2006年10月27日現在 当社調べ

【製品の特長】

オイルエア潤滑で超高速 毎分40,000回転が可能
「スピンショットII」を用い、以下の条件、
  • オイルエア潤滑
  • 定圧予圧
  • 工具テーパNT#40
  • 標準的な主軸径65mm
において、従来の回転速度を大幅に上回る毎分40,000回転を実現しました。「スピンショットII」は、超高速回転時の軸受に発生するエアカーテンを避けて、軸受内輪の外径テーパ部からオイルエア潤滑油を軸受内部に供給することにより、軸受内部に潤滑油を入りやすくし、超高速回転を可能としました。
主軸の低騒音化、エアの消費量削減が可
オイルエア潤滑において、オイルを送る高圧エアを「スピンショットII」の特殊なノズル構造により減圧し、超高速回転時に発生する風切り音を大幅に低減しました。また、エア流量が少なくても軸受内部にオイルが確実に入るため、エア消費量も約1/2に削減し、省エネルギー化が可能です。

NSKは、本製品を11月に開催される日本国際工作機械見本市「JIMTOF2006」に出展し,#40、主軸径65mmの超高速スピンドルに組込んで、動展示を行います。

超高速アンギュラ玉軸受 スピンショットII

本製品について詳しくお知りになりたい方はこちら

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。