世界初! 新方式の安全機構搭載ステアリングコラムを開発

~ より高い安全性と快適性を両立した次世代のステアリングコラム ~

NSKは、新方式の安全機構の搭載により、衝突安全性を高めたステアリングコラムを開発しました。ハンドル(ステアリングホイール)の上下・前後方向の調節性(以下チルト・テレスコ操作性)を向上させ、軽量化にも成功しています。

安全機構搭載ステアリングコラム

本製品は、ドライバーの快適性と安全性をより向上させるために、衝突安全性を高めたドライビングポジション(チルト・テレスコ)調整機構を開発し、スムースな操作性を実現する一方、万が一の衝突時にもチルト・テレスコ操作方向にハンドルの姿勢がずれずにドライバーを保護します。本方式はマニュアル方式のチルト・テレスコ調整機構付き乗用車全てに適用することが可能です。

【製品の特長】

ドライバーの安全のために衝突時にステアリングホイールの姿勢を強固に保持
衝突安全性を高めたドライビングポジション調整機構(WEDGE GEAR™)を開発し、衝突時のドライバー保護能力とその安定性を向上させています。 ステアリングホイールの姿勢保持能力を約40%向上させることに成功しました。
スムースなチルト・テレスコ調整を実現
衝突安全性を高めたドライビングポジション調整機構(WEDGE GEAR™)は、チルト・テレスコ操作性にも優れ、滑らかで快適な調整を実現しています。
最適化設計と軽量化合金(マグネシウム)の採用により超軽量化を達成
従来同等性能品に比較して20~30%減の大幅な軽量化に成功。

NSKは、今回開発した新安全機構搭載ステアリングコラムを通じて、自動車の安全・快適・軽量化に貢献していきます。

新ステアリングコラムの特長(安全性と快適性の両立)

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。