NSKワーナー 上海工場 稼動開始について

日本精工株式会社(本社/東京都品川区 取締役 代表執行役社長 朝香聖一、以下NSK)は、アジアにおける自動変速機(AT)の需要拡大に向け、上海にAT関連部品の工場を建設し、この度生産を開始致しました。

完成した新工場における生産は、自動車部品大手の米Borg Warner(ボーグワーナー)社との合弁会社NSKワーナー(静岡県袋井市)の子会社「恩斯克華納変速器零部件(上海)有限公司」が行います。

今回新たに生産を開始するのは、AT内部の動力伝達部分に使う「摩擦材」や「ワンウェイクラッチ」などで、日本、米国、ヨーロッパ、韓国メーカーの中国生産工場並びに中国国内自動車メーカーに部品を供給致します。

工場概要
設立 2005年4月
資本金 800万USドル (2000万USドルに増資予定)
出資比率 NSKワーナー 100%
所在地 上海市奉賢区
敷地面積 5万平米
売上目標 初年度 約5億円/年
生産品目 AT用摩擦材、ワンウェイクラッチ
従業員数 250名 (予定)
投資金額 約20億円

 

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。