オフセット舵角センサ付きコラムタイプ電動パワーステアリングを開発

~ 衝突時の衝撃力の緩和性能を向上 ~

NSKは、自動車ステアリング用の舵角センサをオフセットして装着することにより、衝突時のドライバーへの衝撃力の緩和性能を向上するコラムタイプ電動パワーステアリング(以下EPS)を開発し、2006年初頭より量産を開始いたしました。

オフセット舵角センサ付きコラムタイプ電動パワーステアリング

自動車の走行安全性・快適性へのニーズから、横滑り防止、レーンキープ、駐車アシスト、可動ヘッドライト等、自動車の高機能化が進められています。また、衝突時のドライバーに対する保護対策へのニーズも強くなっています。
本製品は、これら自動車の高機能化に不可欠なハンドル回転角度を検出する舵角センサを、コラム軸芯からずらした位置(オフセットした位置)に装着し、コラムの衝突時の衝撃力緩和性能が向上いたしました。

【製品の特長】

EPSの減速ギヤを利用した舵角センサ機構により、衝撃力緩和性能を向上
EPSの動力伝達に通常使われる減速ギヤに、新たに舵角センサ用のギヤを設けて、このギヤと噛み合うような舵角センサ機構としました。その結果、コラム軸芯からオフセットした位置に装着することを実現しました。
オフセットしたことにより、ステアリングコラムにある衝撃吸収部分を 従来より長くすることができ、衝突時の衝撃力緩和性能が向上し、ドライバーへの衝撃力が軽減いたします。

本製品は、本年に年間40万本、2008年には80万本の販売を目指します。

オフセット舵角センサ付きコラムタイプ電動パワーステアリング

舵角センサの搭載性

舵角センサの搭載性

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。