高性能ステアリングジョイント「エクセオスジョイント™」を発売

NSKは高速走行時のハンドル操作のダイレクト感が向上する自動車ステアリングジョイント「エクセオスジョイント™」を世界に先駆け開発し、発売いたしました。

高性能ステアリングジョイント「エクセオスジョイント™

近年、自動車の高速走行性能の向上や安全意識の高まりにより、ステアリング装置には、高速走行時の小さなハンドル操作をタイヤへ伝え、車の操縦性をより向上させることが求められています。

「エクセオスジョイント™」では、NSKがベアリング技術開発で培った摩擦コントロール技術、予圧技術、生産技術などを応用して、作動トルクを従来品と同レベルに抑えて、回転方向のガタ(バックラッシュ)を無くすことに成功しました。

【製品の特長】

ステアリングジョイントでは初めてガタを無くし、ハンドル操作のダイレクト感向上
本製品は内部の部品を新たに開発することで、ステアリングジョイント回転方向のガタつきが無くなりました。高速走行時のハンドルからの小さな回転でもタイヤへスムースに伝えることが出来るようになります。
ステアリングジョイント周りの設計変更不要
基本構造・寸法・材料などは従来品と同じまま内部の部品の形状を最適にし、従来品と同じ性能(作動トルク、強度、寿命など)を保っています。
既存のステアリングジョイント周りの設計を変更することなく導入することが可能です。

NSKの「エクセオスジョイント™」は、2009年に世界市場で約300万個/年の販売を目指します。

エクセオスジョイント™(開発品)と従来品の構造比較

  • 針状頃軸受のころ内接円とスパイダー(十字軸)のはめ合いに締りばめ(残留すきま:負)を採用
  • 基本構造は従来ジョイントと同じだが、ガタをなくす為に新内部設計とした
エクセオスジョイント™(開発品)と従来品の構造比較

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。