MOTION & CONTROL NSK|新卒採用|

CORE TECHNOLOGIES

4コアテクノロジー+1

100年で培った4つのコアテクノロジーが、
新たな時代を紡ぎ出す。

NSKは1916年の創業以来、新技術の追求と品質向上に力を注いできました。軸受や自動車部品、精機製品のリーディングカンパニーへと成長したNSKの技術基盤となっているのが、「トライボロジー」、「材料技術」、「解析技術」、「メカトロ技術」からなる4つのコアテクノロジーです。そして、もう一つ重要な技術でNSKの強味としているものが、コアテクノロジーを形にする「生産技術」です。

軸受の玉周辺の摩擦

01
トライボロジー

「摩擦」を理解しコントロールする。

トライボロジーは、運動しながら接する物質の間で起こる摩擦・摩耗を潤滑や材料表面で制御する、NSKの基盤技術の一つです。回転・往復運動時に極薄い油膜を介して伝わる大きな力を、独自に開発した潤滑剤や表面被膜・形状で最適にコントロールし、高速性・静音性・耐久性などの性能を極限まで高めます。

耐久試験機群

02
材料技術

「性能」の耐久性、信頼性の徹底追及。

製品の性能を左右する技術として、その「材料」の研究・開発に終わりはありません。材料組成や熱処理条件を最適化した金属材料や高分子材料、セラミックスを活用する技術など、機能向上・耐久性・信頼性という常に進化を続ける要求に応えながら、コストと生産性の両立も追求しています。

自動車部品のシミュレーション例

03
解析技術

現象をサイバー空間上に再現、性能を予測。

高い精度や耐久性の実現には、培ってきた知見はもちろん最新のシミュレーション技術により、製品の性能をバーチャルに試験・評価する事が重要です。NSKの高度な解析技術は、実物での試験が難しい極限状況での性能評価を可能とし、最適設計や製品開発のスピードアップを実現しています。

バイオ医療向けマニピュレーションシステム

04
メカトロ技術

技術が「人」をサポートし、便利で安全で快適な未来を。

メカトロ技術は、軸受やボールねじ、リニアガイドなどの機械要素技術と、モーター、センサー、コンピューターを組み合わせメカの良さをコンピューター制御でより引き出す技術です。自動車やバイオ医療をはじめとしたさまざまな産業機械に新たな機能・性能を付加するとともに、信頼性の向上、そして暮らしの利便性・安全性に貢献しています。

最新鋭の自動化設備を導入した韓国の天安工場

+1
生産技術

「4コアテクノロジー」を形にする。

4コアテクノロジーによる環境貢献、安全・安心を向上させる為には、それを形にする必要があります。また、高品質な製品を安定して生産することが必要です。NSKは、設備の知能化やIoT活用、生産システム全体の最適化に取り組み、省スペース、省エネルギー、省人化を高レベルで行うスマートファクトリー化を実現しています。